1. HOME
  2. ブログ
  3. オススメアイテム
  4. 絶対に焼かない主義です

ARCHIVE

アーカイブ

オススメアイテム

絶対に焼かない主義です

「あつーい」と感じる日もでてきた、今日この頃、女性の皆さん、日焼け対策はどうしていますか?

別に焼けちゃっても気にしないんだよね~、という方はごく少数のはず。
ベックオンのお客様「日に焼けるのはちょっとねー」という方が圧倒的に多い。
色が黒くなっちゃうのが嫌というのははもちろん、しわやシミの原因となり老け顔にみえるのも嫌ですよね。
過度な日焼けが原因の病気皮膚ガン・白内障・免疫力低下などはやっぱりさけたいですもの。
今日はそんな自転車乗りの乙女の皆様に、日焼けしない方法についてアドバイスしますよ。

まずは定番、日焼け止めについて。

Aggressive Design(アグレッシブ デザイン)
Top Athlete Sun Protect “Fighter”(トップアスリートサンプロテクトファイター)
Waterproof Cleansing Oil(ウォータープルーフ クレンジング オイル)

こちらはすでに何度かご紹介していますが、サイクリングなどの運動中の汗でも落ちることがない日焼け止めです。
一般的な化粧品会社からも「ウォータープルーフで運動中でも使える」という商品がたくさん発売されていますのでそちらを利用されている方がほとんどだとは思います。
しかーし、この商品本当に汗などで流れる心配がほとんどなく「うっかり」焼けてしまうということがありません
今年、新しい日焼け止めを買おうとしている方は是非この「トップアスリートサンプロテクトファイター」を使ってみてください。特にこれからの季節で一日中ロングライドなどする方、必携! 失敗のない日焼け止めです。

そして、日焼け止め以上に効果があるのは「肌を露出しない」「日に当たらない」こと(そりゃそうだ)。

最近は真夏でも極限まで肌の露出をしないようにサイクリングする方も多いですよね。そんな風に日焼けをシャットアウトしたい方にオススメのウェアアイテムをご紹介します。

コールドブラック® アームカバー

半袖ジャージと合わせて着用して腕の日焼けを防ぎます。直射日光を反射して、ウェア内の温度上昇を抑えながら日焼けを防ぐ「コールドブラック®」を生地に採用しています。

パールイズミ クールフィットドライ UV ロングスリーブ

こちらは、ジャージの下に着るインナーウェア。肩から袖部分にUV機能を備えていて先に紹介したアームカバーのずり落ちが気になる人におすすめです。汗をかいてもベタつかず常にサラサラな肌触りでインナーウェアとしての機能もばっちり。

コールドブラック® UV タイツ

ひと昔前まではバイクパンツといえばひざ上の「短パン」が主流でした。しかし日本人女性の「焼けたくない」という思いが強く尊重されるようになりこのような長いタイツのようなタイプが登場。
登場以来直射日光を反射して日焼けを防ぐ素材「コールドブラック®」を採用したこのパールイズミのタイツは多くのサイクリストに選ばれています。紫外線から足全体を涼しくガード。ウエスト前部はゴムが入っていない幅広タイプのため腹部への締め付けがなく、ロードバイク乗車時の前傾姿勢も快適です。パッドもビギナーからベテランまで、誰でも使えるハイエンドタイプの「3D-ネオ プラス」を装備。両脚後部の再帰反射に再帰反射も付いて夜間の視認性も確保しています。
とにかく焼けたくないという方は足の露出を控えるのが吉です。

UV フルフィンガー グローブ

バイク用のグローブも、指先のないタイプが主流です。ここでも日本人女性たちの「手が変な形で焼けてしまう!」という声に応えてフルフィンガーグローブが登場しました。最近はこのタイプがやっぱり人気です。

UV フェイスカバー

こちらはいわば「顔も日に当たらないようにすればいいんだよね」ということで紫外線が入るスキをもはや作らないという最終兵器とでもいいましょうか。フェイスカバーです。
お化粧をするのが嫌なのでこれをして顔を隠してしまえーといって顔を隠すのに使っている方もいますよね。
しかし、お化粧をしていないから「これを外すことができない」ということでずーっとお店の中でもこれを付けたままの方がいらっしゃいます。コンビニなんかでは「フルフェイスヘルメットお断り」というところもあるように、サングラスとフェイスカバーとヘルメットをしたままでお店などに入るのはやめておいたほうがいいですね。ライド中にナイスガイに遭遇することも想定して、ファイスカバーは外すことも考えて最低限の身だしなみは整えておきたいところです(笑)。

さて、いろんな日焼け対策についてご紹介してきましたがちょっと注意点もあります。

特に運動強度の高いトレーニングをされる方の場合、日焼けが怖いからと言って身体を覆い尽くすような恰好をしていると身体の熱を外に放出することができずに、熱中症などのリスクが高くなります。
万全すぎる日焼け対策で命の危険にさらされるのは本末転倒。そのような方は、着脱が簡単にできるものを着用してください。
半袖ジャージショートタイプのサイクリングパンツに、アームカバーやレッグカバーを装着して、暑くなったら取り外せるようにするのが良いです。
または、カバーは使わずに日焼け止めクリームなどを使ってUVカットするように心がけましょう!

日焼けに負けずに今年の春夏もサイクリング楽しみましょうね。

関連記事

 

2024年 3月
25
26
27
28
29
1
2
FIZIK 試着・受注会
サイクルモード
3
4
5
6
7
8
9
FIZIK 試着・受注会
サイクルモードWINSPACE試乗会
10
11
12
13
14
15
16
FIZIK 試着・受注会
WINSPACE試乗会
17
18
19
20
21
22
23
FIZIK 試着・受注会
24
25
26
27
28
29
30
FIZIK 試着・受注会
なななさん出版サイン会
31
1
2
3
4
5
6
FIZIK 試着・受注会

臨時休業