1. HOME
  2. ブログ
  3. オススメアイテム
  4. POLARの優れもの! スポーツウォッチ

ARCHIVE

アーカイブ

オススメアイテム

POLARの優れもの! スポーツウォッチ

革新的な技術力と心拍数計の分野をリードし続けているPOLAR(ポラール)。1977年創業のフィンランドの企業です。

そのPOLARから、最高のパフォーマンスを目指すプロアスリートや、意欲的なアスリート向けの商品が入ってきました。

 

 

POLAR(ポラール) V800 GPS内臓スポーツウォッチ

_DSC5307

POLAR V800

サイクルコンピューターを駆使している方は多いと思いますが、ハートレート(心拍計)を活用すると効率よくトレーニングができます。

このPOLAR V800はアクティビティトラッカー(活動量計)機能が全部入ったマルチスポーツ向けGPS心拍ウォッチです。
防水仕様なので、ランニング・水泳はもちろんトライアスロンなどにも対応しています!

_DSC5306

POLAR V800

多機能なのですが、いくつか気になる機能をご紹介すると、

  • 毎日24時間、あらゆるアクティビティとトレーニングを全て記録
  • トレーニング負荷と回復に必要な時間を把握
  • 内蔵のGPSセンサーでスピード、距離、およびルートを記録
  • トランジションタイム機能で、マルチスポーツのトレーニングをサポート
  • 水中でも心拍数を計測
  • Polar Flowアプリおよびサービスで、トレーニングを計画・分析
  • Polar Bluetooth® Smartランニングセンサー、およびサイクルセンサーと併用可能
  • GPS 搭載でランニングやサイクリング、水泳、スキーやトライアスロンなどの様々なスポーツに最適
  • ユーザーの個人設定に基づくトレーニング効果に加え、マルチスポーツのプロファイルと目標をカスタム設定し、異なるスポーツをシームレスに切り替え、それぞれの計測タイムを含む完全なパフォーマンスを記録
     
    熱心なアスリートが極限までのトレーニングを行った後、スマートな回復をサポートすることでより上を目指すことを可能にする点が、このPOLAR V800の醍醐味といえるでしょう。内蔵のアクテビティ・トラッカー機能により、トレーニングだけでなく毎日の生活における全てのアクティビティをスマートかつ正確に記録します。アクティビティは強度の高い運動から階段の上り下りに至るあらゆる動きを含みます。これにより自動的に回復状態を調整し、次のハードなトレーニングセッションの前に必要な回復時間を正確に表示します。 

 

今回はこちらのPOLAR V800を使用して、スタッフ野村がトライアスロンに挑戦しました。

P1130654

その使用感をレポートいたします。

トライアスリートになる夢をかなえるために、大阪トライアスロン舞洲大会に参加してまいりました。
デビュー戦という事もあり、今回の大会では「とにかく無事にゴールする」事を目標に掲げて参加しました。
事前に立てた作戦は、
・スイム
苦手な種目です。とにかく他の参加者から遅れないようにする。
・バイク
一番自信のあるパートですが、舞洲のコースはヘアピンカーブによる折返しが多数あるため、落車などのトラブルを避けて安全走行に徹する。唯一の勝負どころ、夢舞大橋の上りは積極的に順位を上げる。
・ラン
ランまで安全に乗り切ったところで、それまで温存した力を爆発させる。
というものでした。

P1130661

なんとか、遅れずにトランジットに向かえました。

P1040726

バイクでは、路面が濡れていたため走行には注意が必要でした。登坂以外は心拍数が180bpmを超えないように慎重にレースをすすめます。

P1130671

POLAR V800のおかげで、心拍管理はバッチリ。ちゃんとランに備えて足が残せました。
しかーし。ラン開始直後に足がつってしまったのです。(写真は足がつってしまったまさにその時・・・)
もっと追い込むつもりだったのに残念でした。
ランのコースでは距離表示がなかったので、GPS機能による速度、距離の管理が大変役立ちました

今回のレースでは、目標である「とにかく無事にゴールする」ことは達成しましたので今後はV800のデータをもとに目標設定をしていこうと思います。

 

POLAR V800は、レース時のペース管理だけでなく、トレーニングの強度のコントロールや生活リズムのチェックもできるので、個人でトレーニングやレースの作戦を立てて参加する方には有効なツールだと感じました。

 

当日、野村の心拍管理はこちら

セッション分析

このように、アプリケーションを利用して自分の状態をチェックすることができるんです。細かく記録されているから、レースの反省点や今後につなげるデータとして十分活用できますよね。
以上、スタッフ野村のレポートでした。

 

ランニング&マルチスポーツの下位モデルもあります。

POLAR RCX5  GPS対応スポーツウォッチ

_DSC5331

POLAR RCX5

GPSが内臓されていなかったり活動量計などの機能はないものの、水中で使用もできますしトレーニングに必要な情報や心拍数などはばっちりです。
V800よりもコンパクトなので、腕時計としての使い勝手もよいです。こちらのモデルもおススメですよ。

関連記事

 

2024年 3月
25
26
27
28
29
1
2
FIZIK 試着・受注会
サイクルモード
3
4
5
6
7
8
9
FIZIK 試着・受注会
サイクルモードWINSPACE試乗会
10
11
12
13
14
15
16
FIZIK 試着・受注会
WINSPACE試乗会
17
18
19
20
21
22
23
FIZIK 試着・受注会
24
25
26
27
28
29
30
FIZIK 試着・受注会
なななさん出版サイン会
31
1
2
3
4
5
6
FIZIK 試着・受注会

臨時休業