1. HOME
  2. ブログ
  3. オススメアイテム
  4. LAPIERRE XELIUS SL ULTIMATEとレコン ワンピースFeカセットスプロケット

ARCHIVE

アーカイブ

オススメアイテム

LAPIERRE XELIUS SL ULTIMATEとレコン ワンピースFeカセットスプロケット

 LAPIERRE XELIUS SL ULTIMATE(ラピエール ゼリウスSL アルティメイト)

XELIUS SL ULTIMATEは競技志向の強いコンペティションモデルです。フレームセット販売のみのフラッグシップマシン。

史上最軽量かつ、史上最高性能

2016年、衝撃的なデビューを飾ったオールラウンドバイクのゼリウスSL。運動効率と剛性を極めつつもさらに軽量に仕上げるという難しい課題をクリア。フレームに施されたカーボンレイアップ、独自のBB形状であるパワーボックステクノロジー、シマノDi2内蔵のためのトラップ・ドア・テクノロジーといった設計によるもの。

ユニークなバックステーの形状は、路面からの衝撃を逃がしつつもロードバイクらしい加速性能を損なうことがない優れた形状設計です。

このゼリウスSLアルチメイトはプロスペックにふさわしい、超軽量フレームであることも忘れてはなりません。

従来モデルと同等の剛性と運動性能でありながら、軽さを追求しているのです。ワンランク上のバイクを手に入れたいなら、このプロスペックフレームの他にありません。

こちらはFDJ(エフデジ)のティボー・ピノ シグネチャー。2017年にしか手に入れることができないプレミアムフレームです。

SHIMANO DURA-ACE R9100でアッセンブル。

フラッグシップのフレームにこれまたフラッグシップのDURA-ACEを組み込むことで、スーパーなバイクに仕上がりました。

RECON(レーコン)ワンピースFeカセットスプロケット

写真:11-30T

特殊スチール鋼を鍛造し切削した高耐久性カセットスプロケット

デュラエースと同じ歯数を切削で作ったものを比較して、10‐15g軽量化できるばかりではなく、メーカーの比較テストで約3倍の耐久力を実証したスプロケットです。
バリエーション(歯数構成)は
12-14-16-18-19-20-22-24-26-27-28T 257g 18-19-20Tが一枚ずつの12-28Tセンタークロスカセット
12-14-16-18-20-22-24-25-26-27-28T 257g ロー側クロスの12-28Tロークロスカセット
11-12-14-16-18-20-22-24-26-28-30T 251g すべてが同じく2枚づつの11-30Tクロスカセット
※重量は、ロックリングを含む実測値です。
ロングライドに、ヒルクライムレースに、存分に活用できるカセットです。

極限まで切削した裏側が、他の追従を許さない精密さを表しています。
独自にヒーティングトリートメントを施し、表面硬度を高めながら靱性も高めています。摩耗という言葉を排除できるような工程を、特別にメーカーへリクエスト。シフティング性能にも充分重きを置いたCNCパターン設計にしています。
ここで、レコンのカセットとシマノアルテグラのカセットをちょっと比較してみましょう。

左のシマノのカセットの歯もレコンのカセットの歯も精密です。

重さは圧倒的にレーコンが軽いですね。

左のシマノのカセットは12-32T。
11-12-13-14-16-18-20-22-25-28-32T
右のレーコンは11-30T。
11-12-14-16-18-20-22-24-26-28-30T
こうやって横から見ると、レーコンは間の歯が詰まっているのがわかります。

今回は、ご紹介したバイクとレーコンのカセットスプロケットを使用したスタッフからインプレッションが到着しましたのでご紹介します!

☆ラピエール・ゼリウスアルティメイトSL(’17)、スタッフインプレッション☆

メインコンポはデュラエースR9100、カセットは11-30TのRECONのFeワンピースカセットをアッセンブル。足回りはフルクラム・レーシング3に、タイヤはコンチネンタル4SEASON 25Cを装着し300kmほど走行しました。

まずゼロ発進の反応は、少し重めのコンチネンタル4SEASON 25C仕様のせいか、いつもの巡航速度行まで達するまでに少しパワーを要する気がしました。しかしBB周りの剛性が高く、巡航域ではキレイにペダルを回すと速度維持しやすく、フロントフォークの剛性も相まって直進安定性は抜群です。

加速面は独特なデザインのシートステーの影響か、チェーンステーからのパワーを若干スポイルするような感覚があります。しかしその分快適性は非常に高く、リアタイヤの空気圧をいつもの設定よりも1Barほど高くするか、剛性の高い40㎜ハイト前後のホイールと合わせると、より鋭い加速を味わえると思います。
登坂は、剛性の高さゆえシッティングでスルスル登ってくれます。一定のケイデンスを保つと気持ちよく登るバイクですFDJ(エフデジ)のピノー選手はこのバイクで、2015年のツール第20ステージ、クイーンステージのラルプデュエズ山頂ゴールを制していますから、登坂能力は折り紙付きですね


ダウンヒルに関しては「最高」の一言。絶妙なキャスターアングルがもたらすフロントフォークの安定感は絶妙でした。BR-R9110の剛性の高いブレーキ性能と相まって、おもいっきりワインディングを楽しむことができました。
今回は加えて、RECONのワンピースカセット11-30Tを採用。トップギア以外2段飛ばしの歯の構成は脚当たりがよく、ヒルクライムではいい武器になります。
変速フィーリングはシマノ純正品にかなわないものの、歯数の選択肢、軽量化、Feの耐久性などを重視したい方にはお勧めです。
こちらのワンピースカセットは3月21日から大幅に値上がりする予定……。気になる方はお早目にお求めいただくのが吉です!

<まとめ>

ラピエール・ゼリウスアルティメイトSLは絶対的な軽さはないものの、安定性、快適性が高いオールラウンダーに仕上がっています。トップグレードですが40万円を切る価格設定と豊富なカラーバリエーションはも魅力的

セカンドバイクの候補に挙げてみてはいかがでしょうか?
こんな乘り方をしたい、予算内でパフォーマンスの良いバイクが欲しいなど、フレームからの組立てなどのご相談を承っております。是非ベックオンでご相談ください!

関連記事

 

2024年 3月
25
26
27
28
29
1
2
FIZIK 試着・受注会
サイクルモード
3
4
5
6
7
8
9
FIZIK 試着・受注会
サイクルモードWINSPACE試乗会
10
11
12
13
14
15
16
FIZIK 試着・受注会
WINSPACE試乗会
17
18
19
20
21
22
23
FIZIK 試着・受注会
24
25
26
27
28
29
30
FIZIK 試着・受注会
なななさん出版サイン会
31
1
2
3
4
5
6
FIZIK 試着・受注会

臨時休業