1. HOME
  2. ブログ
  3. イベント
  4. 夏、真っ盛り!熱中症に気をつけましょう。

BLOG

ブログ

イベント

夏、真っ盛り!熱中症に気をつけましょう。

こんにちは。
スタッフ武友です。
夏真っ盛りです!
急に暑くなった時が、熱中症の確率が高くなるときです。
以下のことを注意しながら、暑い夏を乗り切りましょう!

○暑さに徐々に慣れること
○体調などを考慮し、無理に運動しない(我慢しすぎない!がんばりすぎない!)
○服装は軽装とし、透湿性や通気性のよい素材で
○状況に応じてのこまめな水分補給(30分に1回・長時間の運動は塩分摂取)
※数時間~数十時間の運動での、塩分の摂取不足や水の過剰摂取によって血液中のナトリウム濃度が
低下し、低ナトリウム血症を起こすことが報告されています。
・軽症・・・無症状、倦怠感、吐き気、嘔吐、足がつるなど
・重症・・・肺水腫(肺に水がたまる)や脳浮腫(脳がむくむ)から呼吸困難や意識障害等の症状
※長時間の運動では塩分(0.1~0.2%食塩水)を摂取するとともに、水を過剰に摂取しないように注意

【ベックオンで販売している飲料系パウダー】

梅丹の電解質パウダーは、残り少ないので必要な方はお早目に!!

去る7月13日(土)
大阪市内の田中小学校で行われた『パラアスリートとあそぼう!』のイベントのお手伝いをさせて頂きました。
私はプールでの担当。
生徒に肢体欠損・麻痺・視覚障害・肢体不自由なパラアスリートがどのようにして泳ぐかの見学をしてもらったり、
生徒同士が伴泳ロープで泳いだり、ブラックアウトゴーグル(真っ暗で見えないゴーグル)で泳いでみたり、
パラアスリートと交流したりと短い時間ですが、生徒たちに加え私も有意義な時間が過ごせました。
グランドではタンデム自転車、サッカー、体育館では卓球、車椅子、点字、手話など、たくさんのプログラムを通じて、
生徒たちだけでなく、大人もパラアスリートを身近に感じられる素晴らしい授業でした。
パラアスリートとの交流が、障害者を身近に感じることはもちろん、スポーツサイクルに乗ってみようと思えたり、
トライアスロンやいろんなことにチャレンジしてみようと思うきっかけに子供も大人もなれば良いなと思いました!

田中小学校の皆様・パラアスリートの皆様、ありがとうございました。

関連記事