1. HOME
  2. ブログ
  3. イベント
  4. PINARELLO GAN RS Carbon T900 Maglia Nera

ARCHIVE

アーカイブ

イベント

PINARELLO GAN RS Carbon T900 Maglia Nera

ピナレロは、1953年ジョヴァンニ・ピナレロによって創業され、コルナゴ、ビアンキ、デローザと並びタリアンブランドの代表格のバイクメーカです。
一般的なインテグラルヘッドやカーボンバックを開発したことでも知られており、独特の形状をしたフォークを開発するなどデザイン面においても他社と一線を画しています。アルミニウム合金やマグネシウム合金を使用した金属フレームを得意としていましたが、東レからカーボンシートの供給を受け意欲的に新フレームの開発に取り組むことで、カーボンフレームが主流となってきた近年においても、第一級レーシング・ブランドとして君臨しています。
現在はイギリスのチームスカイ(TEAM SKY)に機材提供を行っており、2012年にブラドレー・ウィギンズ、2013年と2015年にはクリス・フルームがピナレロを駆ってツール・ド・フランス総合優勝を飾ったことが記憶に新しいところです。
輝かしい戦績、存在感を示し世界中から支持を集めています。

GAN RS Carbon T900

GAN シリーズはそのルックスからもわかるようにスーパーバイク「DOGMA F8」の直系となるレーシングモデル。

その中でも「GAN RS」は、軽量で優れた空力特性を持ち、剛性や強度もひとクラス上の実力を持つリアルレーシングモデルです。


マテリアルは高強度系のハイストレングスT900カーボンを採用し強度と剛性を確保、ジャガーとの共同開発で得られた「DOGMA F8」の最新テクノロジーを色濃く受け継ぎ、最高の整流効果が得られる「FLATBACK(フラットバック)」チューブデザインや、ピナレロハンドリングを受け継ぎさらに磨きが掛かった「ONDA F8フロントフォーク」など、DOGMA F8に引けを取らないスタイリングと性能を持っています。

ロードレースからヒルクライムまで様々なレースシーンに対応してくれます。

こちらに到着しているモデルは、SHIMANO ULTEGRA完成車。

完成車にはフレームの優れた空力性能を引き立たせるMOST製のエアロハンドル/ステムがアッセンブルされています。

「GAN」シリーズはレディース仕様の「42EZ-fit」を加えた全11サイズという豊富なバリエーションが用意されています。

こちらのハイエンドロードバイクの「GAN RS」は、のんびりポタリングやサイクリングよりは競技志向で、頑張って走りたいという方に向いているようです。

今回紹介したカラーは「Maglia Nerra(マリア・ネラ)」。このカラーの意味がとっても深いんです。

「Maglia Nera」とは「黒いジャージ」という意味で、ジロ・デ・イタリアに出場出来る事が栄誉だった時代に、諦めず最後まで走りきった最終完走者を讃えるためのブラックジャージの名前です。
1951年を最後に廃止されましたが、その最後の受賞者がジョバンニ・ピナレロでした
このジャージを着た翌年もジョバンニはジロ・デ・イタリアの出場権を得ますが、彼はその権利をまだジロを走った事のない選手に譲り、その時に得た謝礼を元手に競技用フレームを製造する工房を立ち上げました。
ピナレロの歴史はこの「Maglia Nera」から始まったのです。

そんなストーリーを知ると、ますますピナレロの自転車への思い入れが強くなってしまいますよね。

是非店頭にてご確認ください! 

また、ベックオンでは2月5日に今日ご紹介した「PINARELLO」のバイクをお試しいただける「試乗会」を開催する予定です。


是非お誘いあわせの上ご参加ください!

関連記事

2023年 2月
29
30
31
1
2
3
4
ピラティス講習会インターテック POP UP!!
5
6
7
8
9
10
11
インターテック POP UP!!
12
13
14
15
16
17
18
みんなdeランLAKE試着・受注会
19
20
21
22
23
24
25
ペダリングスキルセミナー
26
27
28
1
2
3
4
落合佑介トークー&展示会