1. HOME
  2. ブログ
  3. オススメアイテム
  4. Wilier ニューデュアルレーシングバイク

ARCHIVE

アーカイブ

オススメアイテム

Wilier ニューデュアルレーシングバイク

100年以上の歴史を持つレースシーンからデイリーまで幅広いラインナップする「wilier」。イタリアらしいデザインと独自の機能を盛り込んだフレームワークが特徴です。

1906年創業のWilier(ウィリエール)。イタリアの競技用自転車メーカーで、正式な名称はウィリエール・トリエスティーナ(Wilier Triestina)といいます。
ベネチア郊外のモンテ・グラッパの麓、ブレンタ川沿いの町バッサーノ・デル・グラッパにある工場で自転車の製造を開始。1945年秋にはウィリエール・トリエスティーナというブランド名に改称しシンボルマークとして、ハルベルト(鉾槍)のマークを採用しました。

wilier

1948年にはフィオレンツォ・マーニがジロ・デ・イタリアを制覇したことで名を覇せ、1949年と1950年にはツール・ド・フランスでも大活躍しました。
最盛期には300人の社員を保有し、1日200台の自転車を製造していたといいますが、世界大戦の影響とスクーターの発達により経営が圧迫され、1952年にその生産を終了してしまうのです。
1969年、リノ・ガスタルデッロ(Lino Gastaldello)とその息子がWilierの商標を取得。自転車の製造を再開し現在に至ります。

今日はWilierの新着のバイクをご紹介します。

Wilier Cento1NDR(ウィリエール チェント ウノ NDR)

最新のチェントウノのディスクブレーキに対応したレーシングバイクが到着しました。

マットブルーの落ち着いているけれどクールなデザインワークが目をひきます。

SHIMANO 105 Disc、ホイールはWH-RS171がアッセンブルされています。



レーシングバイクでありながらコンフォート性能をも確保した「ニューデュアルレーシング」コンセプトを与えられた「Cento1 NDR」は快適性だけを求めたエンデュランスバイクではなく、あくまでレーシングバイクとしての性能を追い求めているのが特徴

長時間、長距離に渡って行われるロードレースやグランフォンドなど、総合的な脚力や持久力が求められるシチュエーションを速く快適に走り切るためのバイクです。

こちらは、ディスクブレーキ仕様で組まれている車体ですが、フレーム自体は2つのブレーキシステム(ダイレクトマウントキャリパーブレーキ&ディスクブレーキ)に対応しているんです。ユニークなフレームですね。

   

46Tカーボンを使い特にBB周りのカタさや反応の良さは残しつつ、リアの振動吸収力を高めています。
長距離ロングライドを、きびきびと走行したい方におススメのバイクです。

落ち着いたマットカラーが、写真で見るよりもかっこいいバイクです。
是非、ベックオンで実物をご覧なってください。

●Wilierバイクのスペシャルオファー受付中!~2/25まで〇
スペシャルオファープライスは店頭にてご確認ください。
対象車種は下記のとおりです。
Zero SLR (ゼロ SLR)、Zero SL (ゼロ SL)、Filante SLR
(フィランテ SLR)、Cento10 SL (チェントディエチ SL)
Cento10 NDR (チェントディエチ NDR)、Cento1 NDR
(チェントウノ NDR)
その他にもお得情報がありますので、気になる方はスタッフに
お問い合わせください。

関連記事

2023年 2月
29
30
31
1
2
3
4
ピラティス講習会インターテック POP UP!!
5
6
7
8
9
10
11
インターテック POP UP!!
12
13
14
15
16
17
18
みんなdeランLAKE試着・受注会
19
20
21
22
23
24
25
ペダリングスキルセミナー
26
27
28
1
2
3
4
落合佑介トークー&展示会