1. HOME
  2. ブログ
  3. インプレッション
  4. リアクト10K DISC vs  スクルトゥーラ10K DISC

BLOG

ブログ

インプレッション

リアクト10K DISC vs  スクルトゥーラ10K DISC

リアクト10K DISC vs  スクルトゥーラ10K DISC

  

この二つは皆さんどちらにしようか悩むところではないでしょうか?

そんな方のために伊豆でおこなわれた販売者向け先行試乗会で、

たっぷりと試乗してきました!

ちなみに10Kとは3Kや12K等のカーボンのことではなくて、

Kは千の位という意味のKで、10とKで10000(1万)

昨年までは9000が一番上位だったので今年は1万と言う事で10Kとのことです

先ずはリアクトの感想ですが、

やっぱり硬いのでとにかくよく進む

ワールドツアーの選手達もリアクトを選択する選手が多いのもうなずけるほど、

とにかく進みます!これは脚があれば最高のバイクですね!

DISCによくありがちなダンシングした時になる、しなりによるローターとの緩衝による音鳴りもしっかりとした剛性のおかげでほとんどありませんでした

短距離のホビーレースで上位を目指すのであればリアクトがお勧めですね

続いてスクルトゥーラです

適度なしなりが脚への負担を少なくしてくれ、試乗コースには荒れた路面もありましたが気持ちよく凸凹をいなし、瞬間的な進みはリアクトに負けるものの、

長時間の高速走行やヒルクライムでは間違いなく負担の少ないスクルトゥーラの方が結果的に速く走れるのでは?と思わせるほどのスムーズさを持っています。ロングライドやヒルクライム、長距離のロードレースなどはスクルトゥーラがお勧めです

 

結果的に甲乙つけがたい対決となりました

と、こう書くと立場上どちらが良いか書けないんだろうと思われる方も多いと思いますが、これは本当にどちらが良いか難しい!

性格や方向性の違う二つを選べない、洋食か和食どっちが良いというようなもので、好みで選ぶしかないでしょうね

それだけMERIDAの完成度が高いと言う事なのです

 

あえてアドバイスするなら、

短距離レースやスプリント勝負、もしくは脚の持久力に自信のある人はリアクト

ロングライド、長距離ホビーレース、ヒルクライムなどはスクルトゥーラというのが一つの指針になるのではと思います

まぁでもこの二つは本当に選ぶのが難しいですね~!

関連記事