1. HOME
  2. ブログ
  3. イベント
  4. スズカ8時間エンデューロに参加してきました\(^o^)/

BLOG

ブログ

イベント

スズカ8時間エンデューロに参加してきました\(^o^)/

11月12日お天気も良かったこの日「第17回スズカ8時間エンデューロ秋sp」にチームベックオン参戦してきました。
国内最大級のエンデューロの祭典として、多くのサイクリストに愛されるスズカ8時間エンデューロ。競技時間別、車種別などさまざまなカテゴリーがあります。チームで、ソロで楽しめる時間制エンデューロを中心に、長距離の完走にソロで挑む春の名物種目のアタック、2人1組のペアでタイムトライアルにチャレンジするトロッフェ・バラッキと、レースのバリエーションもさまざま。自分の限界に挑戦するマジ派の人も、仲間とワイワイ楽しみたいエンジョイ派も、ギャラリーの注目を集めることに喜びを感じるパフォーマンス派も、すべての人が楽しめるイベントなんです。

suzuka

今回ベックオンライドでは今年唯一のレース出場。エンデューロ2組とトロフェバラッキ3組の出場となります。
本日はエンデューロの参戦をメインにご紹介します。
今年のチームベックオンエンデューロチームはこれがレースデビューという方が多数。これまでロングライドなどを楽しんできましたがレースに興味をもってその面白さを知っていただけるのはうれしい事です。
今回はレース初心者が多いので、チームベックオンの目標は「怪我なく走り切ること」に設定しました。

エンデューロの出走時間が早いため、前日は参加者みんなで鈴鹿サーキットの近くのホテルに宿泊。

1479031149646

宿泊先のホテルでエンデユーロ組のミーティングをおこない、だれがどれだけ走り、走行の順番はどうするかなどを決めておきました。

1479031239414

通常のエンデューロはリレー方式。上位を狙うのであれば、3周や5周などの周回数で交代するのが定番となります。ベックオンエンデューロチームは『怪我なく走ること、イベントの空気に慣れること』が目的。そのため、走行の順番を待っている間に汗で体が冷えて体調を崩す可能性なども考えて、1人1回だけ走る時間交代方式をとることに。今回は8時間を5人で走行しますので、3人が2時間、2人が1時間を担当します。デメリットは1人が連続で長時間走り続けるので疲労が大きいということがあります。しかし走り終えたあとは各メーカーのブース巡りができるなど、個々の時間の配分がしやすいというメリットがあります。

1479031130544

さて当日、エンデユーロ組はスタートが朝8時であることや、試走などを行うために5時にホテル出発です。みんな眠たいはずなのにテンション高めです!
受付を済ませコースがまだ空いている間に記念撮影も行い、あとはスタートを待つだけです。

1479031025919

さあ、スタートです。色とりどりのカラフルなジャージの大集団が通り過ぎて行く様は圧巻です!

1479030979338 img_9478 1479030995775 1479030966606 1479031212011

作戦通り時間交代方式でエンデューロ組もスタート。しかし足攣りや、スタミナが持たず既定の時間を走ることができないメンバーが早くも作戦が破たんです(汗)しかしハプニングがありながらも、チームでしっかりフォローして8時間を無事に走りおえました。『怪我なく走り切る』という目標はクリア、各々来年に向けての目標もできました。2017年もまたここに戻ってきます!

関連記事