1. HOME
  2. ブログ
  3. インプレッション
  4. ベックオン体験コーナーより 気になるQ-RINGSが試せます!

ARCHIVE

アーカイブ

インプレッション

ベックオン体験コーナーより 気になるQ-RINGSが試せます!

Q-RINGS for ROAD MODEL OVAL CHAIN RINGS
(キューリングス ロードモデル オーバル チェーンリングス)

_DSC3903

Q-RINGSは、ビンディングペダルやサスペンションフォークなどと同様の自転車の革命と呼んでも過言ではない製品。気になっている人も多いのではないでしょうか?

ROTORを代表するエアロ形状オーバルチェーンリング。

ペダリング効率をアップさせる楕円形状のチェーンリング「Q-RINGS」ロードモデルです。
楕円形状になっているので、クランクが一周する間に違うギアを踏んでいるかのような変化を感じることができます。

足に力を入れペダルを踏み込む事でクランクを回しチェーンを動かし、ホイールを回転させる。この一連の動きで自転車は進んでいきます。人がペダルを漕ぐという動作は足が上下する力を回転するペダルへ伝え、上下の力を円運動の力へ変換されて伝達されます。みなさんもお気づきと思いますが、ペダルを漕いでみると、足の上下の運動では、力の入れやすい場所や入りにくい場所があるということが分かります。

_DSC3902

「力の入りやすい場所では、重い歯数を、力の入りにくい場所では軽い歯数を」これがQ-RINGSの理論です。『無駄な力を使わず、最大の力を発揮する。』このために生まれてきたチェーンリングなのです。重い歯数を踏むためや回転を上げるための物ではありません。『効率を上げる』ための物です。
そこで使える部分は歯数を増やしてしっかり使い、使えない部分(デッドゾーン)では歯数を減らし素早く通過させ、ロスを最小限にして使える場所へクランクを速く回転させ、再び力の入る場所で…という動きを作り出す、これがQ-RINGSの働きです。これによりペダリング効率をアップさせることにより相乗効果が生まれます。たとえば、無理な力を無理な形で使わなくなるので、サイクリストに多い、膝の故障などのケガが減少します。

メリットとしては、どのレベルのライダーでも気軽に使う事ができ、理想のペダリングが可能です。真円に比べると約9%乳酸の発生を抑える事ができます。ヒルクライム/平坦路などコースに関係なく効率良く走る事が可能です。疲れにくくなった分、今までより長い距離が走れたり、心拍数を落とす事が可能です。膝に負担をかけません。効率が良くなった分、さらなるレベルでの走りが可能になります。

Q-RINGSセットアップ

Q-RINGSにはお使いのバイクのポジションに合わせて仮想ギヤが最大歯数になる位置を可変させることができるOPTIMUM CHAINRING POSITION(OCP)が搭載されています。
このシステムは、クランク取付ボルト穴を複数用意して取付位置を移動させることで可変させます。例えばROADモデルには1~5まで5つの●印の刻印があり、ノーマルポジションは3の位置。この場所が4時の位置で仮想ギア歯数が最大になります。番号が若くなるとこの位置が上になり、1番では3時付近になり逆に番号が増えると下になり、5時付近で最大になります。
TTバイクなどで使用する場合にはポジションが前乗りになるため力がもっとも入る(膝の角度が90~100°付近)4時の位置がより深い5時方向へ移動します。そのためOCPポジションを変更し対応します。逆に後ろ乗りの場合は、番号を若くしてMAXポイントを上に動かすことが可能です。

導入するにあたり、どんなものか試してみたいという方、ベックオンスタッフにお問い合わせください。
またセッティングなどのご相談もお気軽にお問い合わせください。

店内混雑時はお待たせする場合がございます。ご了承ください。

関連記事