凄いフレームがやってきたcinelli KING ZYDECO

「快適な乗り心地…」

「30kmまでの加速が楽に…」

「○○gの軽量化と同時に剛性が○○%アップ…」

こんにちは、スタッフ野村です。
新しいフレームがデビューするたびに、こんなきらきらしたフレーズを耳にしませんか?

もちろんメーカーが研究開発を重ねて、レースシーンでのコンマ1秒を競うために生まれた機材ですから、こういった細かい積み重ねがあってこそ進化を遂げるのでしょう。でも具体的な違いはなかなか分かりにくいものです。

そんな中にあって、今回ご紹介するフレームは、一目みて「これは絶対凄いバイクになるぞ!」と思わせる、非常に尖った一台です。

イタリアの老舗ブランドCINELLI(チネリ)のフルカーボン・グラベルロード KING ZYDECO(キング ジデコ)です。

ドロップハンドルを装着する前提のロードバイクでありながら、太いタイヤ、ブロックタイヤを装着してオフロードも走れるいわゆるグラベルロード

と言うとこれで話はお終いなのですが、そのグラフィック、ルックスと汎用性の高さから永い間愛されているZYDECOの上位モデルとして登場しただけあって、独特のカラーリング、デザインセンスは脱帽です。

そして、細部に目を凝らすと、ただ走破性を上げる事だけにとどまらず、いかに速く走り、スマートに難所をクリアするか、という事にフォーカスしたハイエンドバイクであることは間違いありません。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Cinelli(@cinelli_official)がシェアした投稿

特徴的な下方にオフセットしたシートステーですが、このおかげで47mmの太いタイヤまで許容するクリアランスを保ちながらも、ホイールベースは極端に長くならないようにまとまっているのです。

前輪と後輪の距離が長くなると安定感が増し、ハンドルの操作に気を遣わずにのんびりと走る事ができるのですが、加速時や上り坂ではペダルを回した力が推進力に変わるまでのロスが大きくなり「もっさり」とした印象を持ってしまいます。

さらにKING ZYDECOでは、フロントフォークはエンド部分のパーツを入れ替える事で、ホイールベースは更に短く調整する事が可能で、シクロクロスレーサー並みに機敏な操作感を楽しむ事も出来ます

細かいギミックは他にもあります。トップチューブにはアクセサリを取り付け可能な台座が。

ダウンチューブには前輪が跳ね上げた砂利からフレームを守るために、カーボンの補強が施されています。

格好だけではなく質実剛健な部分も感じさせる、まさにKINGと呼ぶに相応しいこのバイク。発表されてから人気沸騰、日本に入荷したのもごく僅かとか…。1年近く待ってようやくベックオンにもやって来ました。

あの有名なYoutuberも手に入れたと噂の一台、ぜひその目でご覧になってください\(^o^)/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベックオンをフォローしよう!

営業時間のお知らせ

<臨時休業のお知らせ>
8/2(日)ビルメンテナンスのため休業します。

 

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、
日曜日、祝日の営業時間を短縮いたします。
平日の営業時間は変更ありません。
【日曜日/祝日】11:00~18:00
【月~土曜日】11:00~20:00

ピックアップ記事

  1. 新しい生活様式、みなさんはどんな取り組みをされていますか?私スタッフ野村は、公共交通機関に頼らな…
  2. こんにちは、メカニックの鎌苅です。前回のブログで紹介したローラー台でのトレーニング。今日…
  3. GTは、溶接技術者でもあるゲーリー・ターナーさんがBMXレーサーを作ったことに起源をもつブランドで、…
  4. グラベルロードって何だろう?以前にも紹介したとおり、「グラベルロードバイク」や「アドベンチャーバ…
  5. こんにちは、メカニックの鎌苅です。まだ緊急事態宣言は解除されませんね。昨日大阪では感染者数が…

お得な情報

ベックオンはココだよ

ベックオンの地図
大阪市中央区本町4-4-24
TEL 06-6120-3939

国内最大級のネット通販サイト 「ワールドサイクル」
ワールドサイクル

のリアルショップとして、2013年10月に大阪市中央区本町にオープンしたスポーツサイクルショップです。
ロードバイクとクロスバイクをメインとし、店内約150坪の巨大フロアに、150台以上のバイクと、10,000点以上の、ウェアー、パーツでお客様一人ひとりにぴったりなバイク、パーツをご提案いたします。女性スタッフも沢山活躍中です。

PAGE TOP
ツールバーへスキップ