まだ11速で消耗してるの?リア12速の完成車をご紹介

CAMPAGNOLOに続いて、ロードバイク用コンポーネントとしてリア12速化を達成したSRAM
無線変速システムとして高い完成度を見せつけたSRAM RED ETAPの技術をより一層高めたETAP AXS(アクセス)、ハイエンドのREDの発表から矢継ぎ早にFORCE ETAP AXSがリリースされたインパクトは記憶に新しいですね。
この注目のコンポーネントをアッセンブルしたオリジナル完成車を用意しました。

まずはフレームについてご紹介させてもらいましょう。
こちらはRIDLEYのオールロードモデルX-TRAL C
振動の吸収、快適性を重視し、オンロードからオフロードまであらゆる道を走破するためにデザインされた自転車です。
32mm以上のタイヤも飲み込むワイドなクリアランスを確保する一方で、名作HELIUMやFENIXで実績のあるパイプ形状を採用しており軽量な自転車に仕上がっています
ブロックタイヤでオフロードを攻めるもよし、フレームにはフェンダーやキャリアを取り付けるためのねじ穴も用意されているので、ツーリング車としても性能を発揮できますね。

SRAM FORCE ETAP AXS

続いて今回の自転車の目玉になるFORCE ETAP AXSですが、無線の変速なのでハンドル周りは実にすっきり

拡張シフトモードとX-RANGE

ETAP AXSはアプリケーションでスマートフォン、タブレットと接続することが可能です。
シフトモードや各ボタンの機能設定、変速機のソフトウェアのアップデートを行う事ができます。

ETAPの変速は以前のモデルと同じく左右のブレーキレバーの内側にあるシフトレバーで操作しますが、今回のETAP AXSでは「シーケンシャル」「コンペンセイティング」というシマノDi2で言うシンクロシフトやセミシンクロシフトに相当する拡張シフトモードを利用することができます。

続いてAXSの斬新な点はこちらにも。

フラットトップといわれる、上面がフラットに加工された印象的なチェーン
強度や耐久性は11速のチェーンを凌駕し、滑らかなシフト優れた静粛性が確保されています。

そして、前後のギアの歯数についてはフロントが48/35または46/33(REDは50/37もラインナップ)に対して、リアは10-26、10-28、10-33と従来の常識を覆す組み合わせ。10Tをトップにすることで、ギア比が重複する組み合わせを避けつつ、ワイドなギアレシオを実現したX-RANGEギアリングという新設計が採用されています。

変速の様子はこちらの動画をご覧ください。

あらゆるサイクリングシーンにおいて大活躍間違いなしの今一番イケテルこちらの自転車。
お値段もカッコいい価格になっているので、ぜひ店頭でチェックしてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ピックアップ記事

  1. 今回の買う買う団ではCATEYE(キャットアイ)の新型リアライトTL-LD180 TIGHT(タイト…
  2. ブルボン試食会日時:12/13(金)11:00~18:00ベックオン店内にてルマンド…
  3. ベックオンに来店された方は、駐輪場の奥に佇むスタッフのバイクをご覧になったことがあるかと思います。…
  4. HAUTE WORKS Cliq クリック究極のテールライト USB充電 ブレーキランプ/盗…
  5. 独自のカーボン成形技術と他に無いデザインで、確固たる人気と信頼を誇る「ENVE(エンヴィ)」。…

お得な情報

ベックオンはココだよ

ベックオンの地図
大阪市中央区本町4-4-24
TEL 06-6120-3939

国内最大級のネット通販サイト 「ワールドサイクル」
ワールドサイクル

のリアルショップとして、2013年10月に大阪市中央区本町にオープンしたスポーツサイクルショップです。
ロードバイクとクロスバイクをメインとし、店内約150坪の巨大フロアに、150台以上のバイクと、10,000点以上の、ウェアー、パーツでお客様一人ひとりにぴったりなバイク、パーツをご提案いたします。女性スタッフも沢山活躍中です。

PAGE TOP