ZIPPのSRAM XDRに対応したカーボンホイール

ZIPP(ジップ)は1988年、米国のインディアナポリスで創業された自転車用品メーカー。
創業者であるリー・サージェントは、英国のウィリアムズF1チームのエンジニアとして活躍。
チーム解散後にF1カーのコックピット周りと同じハニカム構造を持つカーボン・ディスクホイールを作製。
現在市場に出回っているホイールと大きく変わらない1150gのディスクホイールを、およそ30年前から開発していた歴史を持っています。

404 FIRECREST CLINCHER TUBELESS DISC

トライアスリートからの信頼が厚いZIPP。
楽に高速維持ができ、ランに向けて足を残すことができると評価が高いホイールです。
404クリンチャーをベースに最新のチューブレステクノロジーとDiscブレーキシステムに対応
リムハイトには、軽さと優れたエアロ性能のバランスに優れた58mmハイトを採用。
一般的なホイールに比べて、少ない力で高速巡航をすることが出来ます。
808に比べて重量が軽く、加速性能に優れており、コーナーの立ち上がりや、登りなどでも高いパフォーマンスを発揮。
平坦だけでなく登り、コーナーが多いコースでも使用しやすいホイールです。

ホイールの際までデカールデザインができるのもディスクブレーキ仕様ならでは。
リム部分にブレーキトラックがないから自由度も高くなりますね。

乗り心地の良いチューブレスタイヤをアッセンブルできます。

チューブレス化されたことで、タイヤとの親和性を計算されたリム形状が採用され、19mmの内幅を持つ404は25Cタイヤに最適化されています。

Discブレーキ化されたことでZIPP特有のディンプル加工はリムの全体に及び、更なるエアロダイナミクスを生み出します
※ディンプル加工とはゴルフボールなどで使わてれいる穴ぼこな形状のことで、ジップの特許技術。
速度を上げると発生する乱気流を抑制し気流の流れをスムーズにすることができ、より高速で速度が維持し易くなります。

77/177ハブは、ハブフランジ部分にかかる負荷を分散し、ベアリングに影響がないように遠ざけるように負荷を分散します。
常にいい状態でベアリングの回転性能を引き出すことができます。

強度に定評のあるSapim® CX Sprintスポークを組み焦ることで、より頑丈で壊れにくいホイールになっています。
重量はフロントが800g、リアが915gです。

今回入荷しているのはSRAMのXDRに対応したホイールです。

トライアスリートだけではなくディスクロードバイクをこれから新調しようという方もぜひ合わせてご検討ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ピックアップ記事

  1. 日時:2020年2月23日(日)※雨天の場合は中止10:00~15:00(予定)場所:奥…
  2. 元シマノレーシング小橋勇利さんによるフィッティングを行います!小橋勇利さんは、日本代表強化指定選…
  3. みんな大好き淡路島!今回もBECKONライドで行ってきました!しかもやっぱり良い天気!日頃の…
  4. 11月から始まったベックオンのホイール試乗プログラム、1月はSACRA KYLE5 IGNITE。…
  5. ビンディングペダルが凄く気になり始めている方から、アップグレードで買い替えを検討中の方まで、…

お得な情報

ベックオンはココだよ

ベックオンの地図
大阪市中央区本町4-4-24
TEL 06-6120-3939

国内最大級のネット通販サイト 「ワールドサイクル」
ワールドサイクル

のリアルショップとして、2013年10月に大阪市中央区本町にオープンしたスポーツサイクルショップです。
ロードバイクとクロスバイクをメインとし、店内約150坪の巨大フロアに、150台以上のバイクと、10,000点以上の、ウェアー、パーツでお客様一人ひとりにぴったりなバイク、パーツをご提案いたします。女性スタッフも沢山活躍中です。

PAGE TOP