超軽量、コンパクトな電動空気入れ、FUMPA PUMPS

FUMPA PUMPS(フンパ ポンプ)

Fumpa(フンパ)は、超軽量コンパクトな電動ポンプ(空気入れ)です
1回の充電で、空のタイヤ6本まで使用可能。約20秒で空気が入ります。
仲間とのツーリングなどで、空気入れをシェアしたいときに活躍します。

以下、ベックオン金森店長のインプレッションです。

*************************************************************

これは凄いです!手で入れるフロアポンプよりもはるかに速いスピードで空気が入ります!
もう手動でなんか入れたくなくなるぐらい楽に早く入ります。
外出先はもちろん、家でも普段の練習前から使いたい便利さです。
これはお勧めです。
動画は2種類あるうちのFUMPAというゲージ付きの大きい方ですが、それでも手のひら大ぐらいの大きさで、車の荷室や家庭では玄関先に置いておいても邪魔にはなりません。
もう一つのminiFUMPAは重さはわずか180g 56×68×32㎜なので、ミドルサイズのサドルバックやジャージのポケットにも十分入る大きさです。
空気を入れるときの音はうるさめですが、それはパワーがある証拠!

先日の沖縄でおこなわれた『美ら島センチュリーライド』に持参しましたが、フロアポンプを持って行くより遥かに楽でした!
これはもう本当に病みつきになるくらいの便利さですよ!

*************************************************************

金森店長も大絶賛のフンパ Fumpa 電動携帯ポンプで空気をいれてみました。
縦7.3cmx横8.7cmx奥行4.2cm、重さは約390gとサドルバックに収納可能なコンパクトで軽いポンプです。
7barまで40~50秒ほどで空気が入ります。

miniFumpa(ミニフンパ)

miniFumpa(ミニフンパ)は単位表示が無い分、軽量化に特化。
入れる空気の量を調節できるので、長距離レース時の空気補充に活躍します。

Funpaよりさらに小さいMiniFumpaでも空気を入れてみました。
miniFumpaはサイズ: 縦6.8cmx横5.6cmx奥行3.2cm、重さは約190gでジャージのポケットにも収まってしまうぐらいのコンパクトさ
世界最小の自転車用自動エアコンプレッサーだそうです。

小さくても空気はばっちり入ります。Miniでも7barまで40~50秒ほどで空気が入ります

どちらもベックオンにサンプルがありますので、気になる方はお試しくださいませ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ピックアップ記事

  1. 1月の出来事ですが、スタッフ野村が東京に出張したついでに伊豆半島を一周してみました。今回の予定は…
  2. gebioMized(ゲビオマイズド)販売&レンタル開始します\(^o^)/2019年シ…
  3. 冬真っ盛りですが、トライアスリートの皆様トレーニングしてますか?日本国内であれば、4/17に沖縄…
  4. ZIPP(ジップ)は1988年、米国のインディアナポリスで創業された自転車用品メーカー。創業者で…
  5. 高柳 努(たかやなぎ つとむ)元クリエイティブ系プロデューサーという異質の経歴を持つ孤高…

お得な情報

ベックオンはココだよ

ベックオンの地図
大阪市中央区本町4-4-24
TEL 06-6120-3939

国内最大級のネット通販サイト 「ワールドサイクル」
ワールドサイクル

のリアルショップとして、2013年10月に大阪市中央区本町にオープンしたスポーツサイクルショップです。
ロードバイクとクロスバイクをメインとし、店内約150坪の巨大フロアに、150台以上のバイクと、10,000点以上の、ウェアー、パーツでお客様一人ひとりにぴったりなバイク、パーツをご提案いたします。女性スタッフも沢山活躍中です。

PAGE TOP