明るさは正義!GIANT RECON HLシリーズ

日が暮れるのがめっきり早くなりましたね。
明るいうちにサイクリングに出かけても帰宅する頃には真っ暗、なんて事も増えてきました。
みなさんは暗い道で怖いな、という経験をしたことはありませんか。

前照灯が十分な明るさでないと、街中では車や歩行者など他の公道の利用者から認識されませんし、街灯がない暗がりでは路面の障害物や進行方向の状況が確認できないため、たいへん危険です。
LED、バッテリーの進化は目覚ましく、様々なメーカーから大光量のライトが発表されています。

今回はGIANTの新型フロントライト『RECON HL』シリーズをご紹介。

RECON HLシリーズは、アクションカメラのマウントに取り付けできるライトマウントが標準で付属しています。
これがあれば、REC-MOUNTSを始めとするカッコいいマウントでスッキリ取り付けが出来ますね。

肝心の明るさについては、ベックオンスタッフ野村が近所の峠でテストを行ってきたので、動画でご確認ください。

まずは、ミドルグレードのHL900を弱、中、強と切り替えて上り坂でテストしました。

画面では暗めに映っていますが、光が周辺まで漏れるデザインなので、時速20㎞までのスピードなら弱モードでも十分と感じました。

さて、続いてはハイエンドモデルのHL1600を真っ暗闇のダウンヒルでテストしました。

中モードでも十分に路肩まで照らす事ができ、コーナーの先が見通せるため、安心して走る事ができました。
強モードは強烈と言っても良いほどの明るさで、これがあれば日中と変わらない感覚で下る事もできそうです。

明るさだけでなく、防水性能はIPX6と信頼度抜群です。
さらにHL900とHL1600はANT+のスピードセンサーとペアリングする事で、自動で調光してくれるSpeedBeamテクノロジーが搭載されています。
店内で実験をしてみたので、ご覧ください。

以上のように、GIANTのRECON HLシリーズは、その明るさとお求めやすい価格という、抜群のコストパフォーマンスを誇ります。
そんなGIANTのフロントライトですが、HL1600、HL900のレンタルを実施しています。
900ルーメンという明るいライトを使ったことのないみなさま、ぜひこの明るさを安心感を体感してください。

サドルと同じく、会員登録または身分証明書の確認が必要になりますが、1週間無料にてお試しできます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ピックアップ記事

  1. ロードバイクテクニック講座~山下塾日時:2/16(土)第一部 10:00-12:00 第…
  2. 1月20日日曜日、GOKISOホイール体験会が行われました。GOKISOといえば、航空機部品…
  3. 2/20(水)自転車クリーニング講座byワコーズ開催します!<日時>2月20日(…
  4. EIGHT エイト ボルトキャッチ ヘキサレンチ5ボルトをボールポイント側に固定できるプ…
  5. 鎌苅 剛史(かまかり つよし)高校時代は競技者として、少し前までは競技役員として自転車競技に…

お得な情報

ベックオンはココだよ

ベックオンの地図
大阪市中央区本町4-4-24
TEL 06-6120-3939

国内最大級のネット通販サイト 「ワールドサイクル」
ワールドサイクル

のリアルショップとして、2013年10月に大阪市中央区本町にオープンしたスポーツサイクルショップです。
ロードバイクとクロスバイクをメインとし、店内約150坪の巨大フロアに、150台以上のバイクと、10,000点以上の、ウェアー、パーツでお客様一人ひとりにぴったりなバイク、パーツをご提案いたします。女性スタッフも沢山活躍中です。

PAGE TOP