酷道を行く(ロングライドのコツも少し。)

皆さん、「酷道(こくどう)」という言葉をご存知でしょうか。
国道と言えば、都道府県をまたぐ幹線道路で、交通量が多く整備が進んでおり、沿道には商業施設が並んでいるというイメージがありますよね。
でもそんな道だけが国道ではありません。


交通量も少なく、これでも国道か!と思えるような“酷い道”が全国に点在しており、それらは「酷道」と呼ばれ、ツーリングスポットとして密かに人気を集めています。

今回は三重県四日市と兵庫県川西を結ぶ酷道・477号線を自転車で走破しようと思い立ち、22時に大阪市内の自宅を出発しました。
スタート地点までは、名阪国道の旧道を利用して四日市まで向かいました。

夜通し走らなければならないので、前後のライトはもちろん、反射ベストにヘルメットライトも装備して万全の態勢です。

UltrAspireのベスト

反射素材を使用したベストですが、背面にはハイドレーション用の荷物スペース、前面にも3つのポケットがあるので、安全確保と荷物の携帯にと非常に便利です。
ロングライドだけでなく、ブルベでの利用もお勧めです。

大阪を抜けた後は、国道25号線・名阪国道の旧道を通ります。こちらも酷道として名高いのですが、真夜中では交通量も無く、平凡なライドが続きます。夜が明ける頃には亀山に到着しました。

亀山ではタイミングよく朝の関宿の旧街道を通過する事ができました。風情のある町並みを独占です。一晩中走り続けた者の特権でしょうか。

亀山からさらに海へ向かって程なく、スタート地点へ到着。
さっそく477号線への入口を発見。最初の難所である、鈴鹿スカイラインを目指します。
こちらは、菰野ヒルクライムのコースとしても有名で、三重県側から上ると、厳しい九十九折が続く難所です。
朝一番からのヒルクライム気合を入れて・・・というところですが、いきなり前日の大雨の影響で頂上付近が通行止めにΣ( ̄□ ̄;)

確かに峠付近には分厚い雨雲が見えますが、さすが「477(しなな)いで」と揶揄されるだけの事はあります。
酷道の旅はまだ始まったばかり、リタイアをする訳には行かないので、30km程余計に走る事になりますが、国道421号線へ通って滋賀県へ抜ける事にしました。

中盤の峠越え対策として、今回の荷物はコンパクトに収めました。
サドルバッグにはウィンドブレーカーとモバイルバッテリー。
トップチューブバッグには補給食を。本当に必要な荷物を厳選するのもロングライドのコツです。

滋賀県に入って何とか477号線に復帰。滋賀県の477号線は迷走区間です。名もない生活道路に遮られたり、遮断機が現れたりと幹線道路も形無しです。

国道に線路?

びわ湖を横断した後は、途中峠を越えて京都府へ入ります。ここからが477号線の最難関区間です。抜群の破壊力を誇る花背峠、百井峠という2峠が待ち受けています。
全身が軋む音が聞こえてきそうな、力を振り絞るヒルクライムが続きます。

峠付近は路面も悪いうえに、急カーブの連続。車で通り過ぎた地元の方から「死なんといてや~」と声をかけられてしまいました(´Д`)

百井峠を越えると、あとは亀岡から篠山まで走りやすい道が続きます。この辺りは、サイクリングで楽しんだ事がある方も多いのではないでしょうか?
いよいよクライマックスか~と油断したところで、ダメ押しの交通規制。ここまできたらもう意地ですね。10kmほど迂回して477号線の終点を目指します。
予定時刻を大幅にオーバーしましたが、何とか無事に川西まで辿り着く事ができました。

ここから自宅までの20kmの長い事と言ったら(´д`)

今回のロングライドも無事に完走する事ができました。
ロングライドのコツは、コースの難易度と合わせて、自分の力を見極める事でしょうか。
これが出来れば、ペース、疲れ具合、補給の内容、必要な荷物は自ずと答えが見えてきます。
まずはデータを取る事から始めて見ましょう。
GPSを使用した高機能なGARMIN(ガーミン)、POLAR(ポラール)のサイクルコンピュータが人気です。

いずれもGPSで記録を取るだけでなく、心拍数をモニターする事も可能です。
機能をフルに使えばサイクリングの強い見方になる事間違いなし!
私もいつもこれらのサイクルコンピュータを駆使してライドに役立てています。
もちろん、走行データを後からなぞることも可能なので、是非今回のライドのルートやその他のデータをご覧ください。

ポラールのデータ

さて、自転車乗りが集まる大阪京橋のスポーツバー『grupetto(グルペット)』では定期的に「ロングライドの会」が開催されています。


来週7月24日(月)は心拍数の有効な利用について野村がお話をさせていただく予定です。
詳細はコチラ↓↓↓
「ロングライドの会」
ロングライドの走り方を追求したい方、トレーニングで心拍数を有効に活用したい方、ぜひgrupettoにお集まりください。
自転車仲間と、おいしい晩御飯が待っていますよ(^_-)-☆

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ピックアップ記事

  1. 去る8月6日、『福田昌弘x土井雪広xベックオン「トレーニング講座 強い人は美しい!」』が行われました…
  2. 究極の快適性を実現したハイテクアンダーウェアで有名な「OUTWET(アウトウェット)」。イタリアンに…
  3. POLAR BOTTLE zip stream (ポラーボトル ジップストリーム)交換キャップ…
  4. 去る7/23「真夏のピーチライド」と称してベックオンライドが開催されました。7月のベ…
  5. ベックオンでは夏休みの時期に「自転車お悩み相談室」を開講することにしました。8/…

お得な情報

ベックオンはココだよ

ベックオンの地図
大阪市中央区本町4-4-24
TEL 06-6120-3939

国内最大級のネット通販サイト 「ワールドサイクル」
ワールドサイクル

のリアルショップとして、2013年10月に大阪市中央区本町にオープンしたスポーツサイクルショップです。
ロードバイクとクロスバイクをメインとし、店内約150坪の巨大フロアに、150台以上のバイクと、10,000点以上の、ウェアー、パーツでお客様一人ひとりにぴったりなバイク、パーツをご提案いたします。女性スタッフも沢山活躍中です。

PAGE TOP