3月12日日曜日は、デ・ローザ、アルゴン18、クオータの試乗会です

先週はサイクルモードライドでいろんな自転車を試乗された方も多いと思いますが、来る3月12日日曜日はベックオンプレゼンツ試乗会。
サイクルモードライドには来ていなかったブランドもやってきますよ! このチャンス見逃さないで!!

今回はDE ROSAデ・ローザ、ARGON18アルゴン18、KUOTAクオータの3メーカーが揃います。今日は、当日試乗できるバイクについてご紹介していきます。

DE ROSA(デ・ローザ)

Ugo De Rosa & Figli( ウーゴ・デ・ローザ・エ・フィーリ)社はイタリアの名門ロードバイクメーカー。通称、デローザ。創業者のウーゴ・デローザ(Ugo De Rosa、1934年1月27日 – )は、12歳のときから自転車フレーム製作の修業を始め、ビルダーとして退いた現在も工房に顔を出して製作行程を見回っているそうです。70歳を越えて今もなお失われないその自転車への情熱こそが『デローザ』の魅力を作り上げていると言っても過言でありません。DE ROSAの歴史を知る人からは、男臭い堅実なバイクのイメージだと思いますが、近年はロゴのハートマークから女性の人気も高くなっています。

SK 50サイズ BLU/GLD
空気力学を念頭に置いたフレームは、競技機材である一方、形作る線や生みだされる面から奥深いエレガントさを感じさせます。

KING XS 45サイズ WHT
厳選された3種類のカーボン素材TI1000/TI800/XN10の3種をブレンドして、軽量にして鋭敏な反応を実現。ダイレクトマウントを採用したブレーキは制動力にパワーと安定をもたらし、リアブレーキの位置をBB下に設定することにより、リアセクションのデザインを飛躍的に向上させました。

IDOL 49.5サイズ BLU/WHT、54.5サイズ WHT/BLK
ディスクブレーキの使用を前提に設計され、強大な負荷に耐えられるフレームは、適切に配されたT1000とT800のカーボンファイバーで構成されています。スプリントレースからロングライドまで、たとえ上級者であっても、レースのジャンルを問わず頼もしい存在となることでしょう。

NICK 52.0サイズ BLK/BLU/RED
DE ROSAの三代目にあたるNicholas De Rosaの名を冠した、DE ROSAの次世代による、新しいユーザーのためのモデルです。T300とT800のブレンドによる3Kカーボンモノコックのフレームに、SHIMANO105フルセットで組み上げた完成車で、クセの無い快適な乗り心地で手にしたその日から最高のパートナーになるでしょう。

AVANT 36.5サイズ DE ROSA santini
身長が150cm前後の小柄なライダーから180cm前後のライダーまで幅広く対応します。AVANTはフレームとコンポーネントのバランスが最適で、スポーツ自転車が初めての方でも、自らの出力が効率よく推進力に変換されることを実感することができます。

ARGON18(アルゴン18)

1989年にカナダで立ち上がったARGON18。1999年当時発展途上であったカーボンマテリアルにいち早く着目し、2001年には最初のカーボンフレームであるヘリウムを発表。ARGON18の優れた性能はレースでも発揮され、2006年にはトライアスロンで3つの世界タイトルを獲得。さらにロードレースにおいても積極的な活動を進め、2015年にボーラ・アルゴン18がツール・ド・フランスに出場したのは記憶に新しいところです。
まだ流通量も少なく、なかなかお目にかかる機会も少ないと思います。

NITOROGEN PRO XSサイズ ZIPP 303NSW装着予定
「BORA-ARGON18」が2015年度のツール・ド・フランスにおいてアベレージスピードの高いステージで使用し、デビューを飾ったエアロロードバイクが「NITROGEN PRO」です。最新のエアロ形状を備えながら、素材をナノテクノロジーを応用した「Nanotech Tubing HM8003」を採用。スプリンターにはこの上ない最高の相棒となるでしょう。

GALLIUM PRO (eTap) XSサイズ ZIPP 202装着予定
フレーム素材に7050ナノテックカーボンを採用した、リアルロードレーシングフレームです。その万能性能の高さから、発売以来ヒクライム、スプリント等のステージを問わず世界中で活躍してきました。

NITROGEN Sサイズ ZIPP 303装着予定
上位と同じフレーム形状で異なるカーボン素材を採用し、エアロ性能とコストパフォーマンスを両立。エアロタイプの3Dヘッドチューブや、リバーシブル対応のシートポスト、エアロブレーキなど、隙のない作り込みが魅力のバイクです。

GALLIUM Sサイズ
高剛性カーボンの「HM6100」を採用し、各部の設計や積層を突き詰めることで重量を抑え、ハイレスポンスなフレームに仕上げました。
ロードバイクに求められる軽さ、剛性、振動吸収性の全ての要素を満たしたこのフレームはどんなライダーでも、その高性能を体感できます。

KRYPTON XSサイズ
快適で万能な走行性能が特徴で、状況を問わず、乗り手のパフォーマンスを最大限引き出します。ロングライドからレースまで対応するバイクをお探しなら、「KRYPTON」は良い相棒となるでしょう。

KUOTA(クオータ)

2001年にミラノショーで発表されたのを起源とする比較的新しいブランドですが、すでに世界的なトップブランドとして認知されるクオータ。優れた技術力と洗練されたデザイン、そしてトップレーシングバイクとしての性能を追求するために情熱を持ち続けて開発を進める進化し続けるイタリアンブランドです。

KOUGAR クーガ― (eTap) Mサイズ ZIPP 404装着予定
エアロロードの「KURARO(クラーロ)」のアップデートモデルが「KOUGAR」です。KOM直系のミッドレンジとして、走りのレスポンスを重視したレース志向のモデル。角断面を用いたフレーム形状は剛性アップだけでなく、振動吸収性とも絶妙にバランスさせながら、レスポンスの良い走りを実現。 空力性能と制動性能の両方を向上させる為、フロントブレーキはフロントフォーク背面にエアロVブレーキを採用。

KRYON クレヨン XXSサイズ、Mサイズ
レースからロングライドまで用途を選ばずに高性能を発揮。ヘッドチューブの先端にはKOMと同様のエッジを利かせたデザインを採用し剛性が向上しています。シートステーは薄く、幅広い形状で滑らかな走りを実現させました。自然なラインディンフィールや180度入れ替え可能なオーバルシートポスト。高いコストパフォーマンスはもちろん、 XXSサイズからのラインナップで小柄な女性やお子様にも対応します。

KOBALT コバルト Sサイズ
エントリーモデルの「KOBALT」です。一見オーソドックスなフレーム形状ですが、クセの無い、素直なライディングフィールが持ち味。リアブレーキワイヤー、シフトワイヤーが内蔵になり、スッキリとした見た目。アップデートがしやすいようDi2にも対応しています。

K-ALL ROAD Mサイズ
2017年デビューモデルで、ディスクブレーキ専用のカーボンロード。未舗装路にも対応し、さまざまな道路を走れるK-オールロードシリーズ。ディスクブレーキ専用設計で、スルーアクスルを採用して強度を高めています。タイヤは32Cまで対応し、フロントフォークやシートステーにフェンダー用の穴が設けられています。

ご紹介したようにたくさんの個性的なバイクが堺浜に勢ぞろいします。
3月12日はみなさまお誘いあわせの上、堺浜にお越しくださーい\(^o^)/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ピックアップ記事

  1. 11月から始まったベックオンのホイール試乗プログラム、1月はSACRA KYLE5 IGNITE。…
  2. ビンディングペダルが凄く気になり始めている方から、アップグレードで買い替えを検討中の方まで、…
  3. かつて力道山も愛したと言われるイタリアの名門ブランドCINELLI(チネリ)前回の東京オリンピッ…
  4. 1/25トライアスロンセミナー申し込みフォーム1/31トライアスロンセミナー申し込みフォーム…
  5. サイクリスト向けのモーション解析デバイスを開発するLEOMO(リオモ)。Androidを…

お得な情報

ベックオンはココだよ

ベックオンの地図
大阪市中央区本町4-4-24
TEL 06-6120-3939

国内最大級のネット通販サイト 「ワールドサイクル」
ワールドサイクル

のリアルショップとして、2013年10月に大阪市中央区本町にオープンしたスポーツサイクルショップです。
ロードバイクとクロスバイクをメインとし、店内約150坪の巨大フロアに、150台以上のバイクと、10,000点以上の、ウェアー、パーツでお客様一人ひとりにぴったりなバイク、パーツをご提案いたします。女性スタッフも沢山活躍中です。

PAGE TOP