店長金森フランス研修に行ってきました

先日フェイスブックでお伝えした通り、フランスのローヌ・アルプ地方のリゾート地「Morzine」にて行われた「FOCUS(フォーカス)バイクの2017年新商品プレゼンテーション」に招待いただきました。
今回ご一緒したのは、FOCUSの日本代理店「グローブライド」のスタッフ2名、静岡のサイクルショップ「ミソノイサイクル」2代目御園井さん、全国8店舗を運営する「YOU CAN」村山さん(元アンカーRT)、フリーライターの山本さん。
ベックオン店長金森の計6名で行動を共にさせていただきました。

20160620_095806
このプレゼンテーションには世界22ヶ国、約300名が参加されているそうです。

飛行機の出発が東京からのため、金森は自宅のある大阪から目的地のフランスまで27時間という大移動です。

20160619_171029

そんなときに役に立ったのがR×Lソックスのレーシングゲイター
これは本当に役立ちました。おかげさまで現地フランスについてからも非常に足が軽く、翌日からの試乗も苦になりませんでした。

20160619_065429

これは仕事からプライベートまで役立ちます。残念ながら店頭在庫はございませんが、お取り寄せ対応できます。他のコンプレッションソックスやゲータもありますので、スタッフにお問い合わせ下さい。

さて、初日。雲が日を遮る時間もありましたが、晴れ間が多く試乗するには申し分のない天気♪

20160620_114606

午前中は「FOCUS」の来年度モデルの展示車などを紹介してもらい、

20160620_095238

20160620_101346

20160620_101307

そのあとの時間は試乗タイムです。前から気になっていた電動自転車、ヨーロッパではE-BIKEといいます。

20160620_114536

こちらのE-BIKEは日本の物とはパワーが違いますなぜなら日本では道路交通法で電動バイクが規制されているからです
日本では最大出力は規定されていないのですが、人力と電力補助の比率は最大1対2(10km/h以下)。10km/hから24km/hまで徐々に比率が下がり、24km/hで補助はなくります。
一方こちらの電動バイク、EUの規定でモーター出力は250W以下、補助は25km/hまで行われるため、乗っていて本当に楽しいのです。
スピードは日本と同じ、アシストは25km/hまでですが、走行距離はエコモードでは120km!一番パワーの強いウルトラモードでも20km走ることが可能です!
ウルトラモードのパワーはすさまじく、15%の坂道でも息を切らさず登れてしまいます。感覚としては10%以上の勾配も、川沿いを追い風に吹かれながら軽く流している感じです。
これ、このままの仕様でほしいと思いました!
E-BIKEに関しては、日本では正直あまり肯定的な意見は聞きません。
確かにロードバイクに電動アシストなんて?と思われるかもしれませんが、ロードバイクとは遊び方が変わる乗り物、別物と考えてもよいと思います。
例えば、あまり激しく心臓に負担をかけることができない方の場合、通常のロードバイクできつい登り坂などもってのほかですが、電動でしたら平地を走行する感覚で登れます。
長距離の自転車通勤や、膝など故障を抱え体に負荷をかけれない人、坂が苦手という方にもおすすめですね。
なによりも、普段からロードバイクに乘っていて特に身体に爆弾を抱えているというわけではない金森自身もこのバイクに試乗して楽しかったですもん。
ですから普通の方が乗っても十分楽しめます。
だって、普通なら息を整えるのも大変な激坂を鼻歌交じりでさくさく登れたら、楽しくないわけないじゃないですか!!
また、ヨーロッパではMTBの電動化がすすんでいて山の上までアシスト機能を使ってすいすいと登坂し、山の上からはダウンヒルを楽しむなんていう楽しいとこどりの遊びが流行しているとの事。
いいですよね。
20160620_142557

午後からはFOCUSのハイエンドモデルIZARCO MAX(イザルコマックス)に試乗しました
今回試乗したのはディスクブレーキ仕様。これもさすがハイエンドモデルだけあって、抜群の剛性感と踏み出しの軽さを持っています。この踏み出しのうしろ三角やダウンチューブの剛性からくるものだと思われます。軽さはフロントフォークも細身なのにしっかりとしていて、ダンシングやコーナリング時の安定感につながっています。ディスクブレーキ仕様で、チェーンステーが長くなったにもかかわらず旋回性能が落ちていないのは、このしっかりしたフロントフォークが効いているから。
この軽量感なのにこの剛性はさすがとしか言いようのない出来ですね。
ディスクブレーキの感想は、ストッピングパワーよりもコントロール性に重点を置いている印象です。
晴天時での扱いはキャリパーブレーキとほとんど変わらず、扱いやすく違和感もありませんでした。雨天時の制動力も試したのでまた後日ご報告します。
実は金森店長が次期バイクとして考えているのが、このイザルコマックス!
マトリックスの土井選手が乗っているのを見て良いなぁ~と思っていたのですが、今回の試乗でますますほしくなりました。20160620_151035

明日はいよいよFOCUSの新モデルのパラレーンの試乗です。お楽しみに☆

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でベックオンをフォローしよう!

営業時間短縮のお知らせ

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、
日曜日、祝日の営業時間を短縮いたします。
平日の営業時間は変更ありません。
【日曜日/祝日】11:00~18:00
【月~土曜日】11:00~20:00

ピックアップ記事

  1. こんにちは、メカニックの鎌苅です。前回のブログで紹介したローラー台でのトレーニング。今日…
  2. GTは、溶接技術者でもあるゲーリー・ターナーさんがBMXレーサーを作ったことに起源をもつブランドで、…
  3. グラベルロードって何だろう?以前にも紹介したとおり、「グラベルロードバイク」や「アドベンチャーバ…
  4. こんにちは、メカニックの鎌苅です。まだ緊急事態宣言は解除されませんね。昨日大阪では感染者数が…
  5. こんにちは。メカニックの鎌苅です。前回に引き続き、私がいつもやっている家の前のスペースで行ってい…

お得な情報

ベックオンはココだよ

ベックオンの地図
大阪市中央区本町4-4-24
TEL 06-6120-3939

国内最大級のネット通販サイト 「ワールドサイクル」
ワールドサイクル

のリアルショップとして、2013年10月に大阪市中央区本町にオープンしたスポーツサイクルショップです。
ロードバイクとクロスバイクをメインとし、店内約150坪の巨大フロアに、150台以上のバイクと、10,000点以上の、ウェアー、パーツでお客様一人ひとりにぴったりなバイク、パーツをご提案いたします。女性スタッフも沢山活躍中です。

PAGE TOP
ツールバーへスキップ