ロングライドの傾向と対策(ブルべの話もすこし)

今日は多くの皆さんもチャレンジしているロングライドについてすこし掘り下げてみたいと思います。
特に寒い時期におけるツーリングブルベで役立つ情報を、スタッフが実際に使用しているアイテムを中心に紹介します。

大型サドルバッグ(APIDURA)

_DSC1015
長時間のサイクリングの荷物の運搬方法は、上半身への負担を考えると、バックパックよりサドルバッグやキャリアへの積載をおススメします。
APIDURAのサドルバッグはコンパクトサイズならシートポストが5cm出ていればロードバイクでも装着可能。容量は11Lもあり、生地は耐久性が高く防水性も確保されています。
ロードバイクでのツーリングには最適なアイテムですが、注意しなければならない点もあります。
サドル下という、自転車の中では最も高い位置に取り付けをするため、自転車のコントロールに少なからず影響が出ます。
スタッフ野村の実感では、下り坂でのコーナーや停車時にブレーキをかける際にサドルを押されるような印象を受けます
バッグに詰める荷物の量や重さには気をつけたいところです

以前の記事はコチラ→「アピデュラで旅に出よう!」

サイクルコンピューター

_DSC2510
PolarポラールV650を使用しています。使用時間は公称12時間となっていますが、不要な機能をカットすることで20時間以上連続して記録をとることが可能です。
本体に450km四方の地図を表示することが可能で、現在地や走行ルートを確認することが出来ます。またロングライドが好きな方だけでなく、各種センサーにも対応しているため心拍数やペダリング出力を解析するトーレーニングユースにもおススメです。

ウェア

気候については、時間帯や地域による差が非常に大きいです。山をひとつ越えると、気温が5度も低くて凍えてしまった、ということもありえます。
また急に雪が降り出すこともあれば、暖かくなって汗だくになってしまうこともあります。

10時間以上のロングライドに出かける際には、ウィンドブレーカーだけでなく、インナーウェアの予備やタオルも持っていきます濡れた衣類を収納できる防水バッグも用意しておくとベターです。
防水バッグは衣類が濡れるのを防ぐのは当然、濡れたものを持ち運ばねばならないときにも重宝します。

_DSC2984

防水バッグの中に着替えとタオルがはいっています

さらに、ロングライドではルートの確認をするために、スマートフォンを操作することもしばしばあります。
そんな時にはタッチパネル対応のグローブが役に立ちます。スタッフ野村愛用のデックスシェルのグローブはタッチパネル対応だけでなく、完全防水で非常にタフな逸品です。

_DSC2916

デックスシェル 防水 Thermfit グローブ ブラック

 

さて、ロングライドといえば、最近はブルベにも注目が集まっていますね。

ブルベ

ブルベ(認定)を意味するフランス語ですが、指定されたチェックポイントを通過して、事前に通知されたルートの完走を認定するイベントです。
昨年は、4年に1度フランスで行われる1200kmのブルベ、パリ~ブレスト~パリが開催されたこともあり、雑誌などで特集が組まれることも多かったので、興味がある方も多いのではないでしょうか。
昨年の大会では元プロロードレーサーの三船雅彦さんが出場し1200kmのコースを不眠不休のまま43時間23分(!)という、日本人参加者としては初めて50時間を切る驚異的な歴代最速タイムをたたき出したことでも話題になりましたよね。
ブルベにおいては、主催者によるサポートはありません参加者はルートの確認からトラブルへの対処まで全てにいて、自己責任の下で対応する必要があります
それ故に、事前の準備が非常に大切です。
また400km以上のブルベでは前照灯は2つ以上をつけることリアライトは点灯しヘルメットへの装着も義務付けられています

_DSC2505

ヘルメットにもライトを装着して安全を確保

_DSC2410

後頭部にリアライトを装着すると高い位置にもアピールできます

GENTOS(ジェントス) AX-R100を使用。充電式で使い勝手が良好です。

_DSC2408

そして、反射ベストの装着も必須です。

_DSC2987
また、ルートを確認するため、ナビ装置やキューシート(開始から、終了までのコースの構成を記したもの)の準備も忘れてはいけません。

_DSC3122

このように、防水スマートフォンケースを利用すると簡単にバイクに取付できて便利です。

_DSC3099

ハンドルに装着、暗い中でも確認できるようミニライトで手もとが見えるように工夫しています

ブルべでは通常のライドに比べて装備が増えてしまいますが、極力荷物は少なく、かつスマートに持ち運びをしたいものです。
ブルベを愛好する方は、皆さん工夫を凝らして準備をされています。
スタッフ野村も様々な方法を考案したので、ぜひ参考にしてみてください。

Cyclists’ Forum~自転車をもっと楽しく~

テーマ「ロングライドに備えよう!」

2月21日にサイクリストが集まる大阪・京橋にあるスポーツバー「grupetto(グルペット)」でスタッフ野村が実際に使用している機材やロングライドでの経験談を紹介しながら、自転車を楽しむコツをお伝えするイベントを開催することが決まりました。
今日ブログでご紹介したようなことはもちろん、みなさんともロングライドやブルべのお話ができたらうれしいと思います。

京橋グルペット

「grupetto(グルペット)」とは、自転車ロードレースの山岳コースで、タイムアウトにならない程度にゆっくり走るために作る集団のこと。

バーのマスターはパリ~ブレスト~パリに参加したこともあるサイクリスト! 料理は味もボリュームも満足の逸品です。
もっと自転車を好きになりたい!という方は、ぜひ「grupetto」にお集まりください。

大阪府 大阪市都島区 東野田1-17-27 GROOVE桜宮 1F
JR・京阪・地下鉄 京橋駅
JR 大阪城北詰
各駅より徒歩圏内です。大阪城北詰駅から316m

お店の詳細はコチラへどうぞ。

イベントのお申込はgrupettoまで
お申し込みフォームはコチラ!! ↓↓↓
「Cyclists’ Forum ~自転車をもっと楽しく~」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウィルス
  2. 街中で見かけたあのカッコいい自転車はなんだろう…これらの自転車にまたがれば、注目を浴びる事間違いなし…
  3. 1989年にカナダで立ち上がったARGON18。1999年当時発展途上であったカーボンマテリアルにい…
  4. 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、店内で実施する各種講座の開催を中止及び延期することといたしま…
  5. トライアスロン ビギナーズ セミナー “トライデビュー2020”2月24日からスタートしたビ…

お得な情報

ベックオンはココだよ

ベックオンの地図
大阪市中央区本町4-4-24
TEL 06-6120-3939

国内最大級のネット通販サイト 「ワールドサイクル」
ワールドサイクル

のリアルショップとして、2013年10月に大阪市中央区本町にオープンしたスポーツサイクルショップです。
ロードバイクとクロスバイクをメインとし、店内約150坪の巨大フロアに、150台以上のバイクと、10,000点以上の、ウェアー、パーツでお客様一人ひとりにぴったりなバイク、パーツをご提案いたします。女性スタッフも沢山活躍中です。

PAGE TOP
ツールバーへスキップ