1. HOME
  2. ブログ
  3. インプレッション
  4. 優しい乗り心地やしなやかさ、振動吸収性は頭一つ抜けています、国産タイヤSOYO。

BLOG

ブログ

インプレッション

優しい乗り心地やしなやかさ、振動吸収性は頭一つ抜けています、国産タイヤSOYO。

SOYO SCELTO 24 ソーヨー シェルト24 チューブラータイヤ

_DSC2942

競輪発足当時から60年以上にわたり、競輪選手の脚となるNJS認定のタイヤを製造し続けているジャパンブランド、ソーヨータイヤ
世界で唯一ケーシングに縫い目がない構造のシームレスタイヤが注目されています。

今回は、シームレス構造でラテックスタイプのシェルト24をご紹介します。
SCELTO 24はインナーチューブの素材に優れた伸縮性を備えるラテックスを採用した、近年トレンドとなっているちょい太めの24mm幅のチューブラータイヤ
外部からの力に対して柔軟に変形するため、路面のギャップを拾った際も振動を吸収するクッション性を備えいるので、身体への負担も減らしてくれます。
耐パンク P-アラミドブレーカーが搭載されており、パンクの心配も軽減しています。
プログレスシームレス構造による真円断面のタイヤは常に一定の角度で路面と接地するため、様々な速度域のコーナリングや雨天走行時においても安定したグリップ力が発揮されます。
少ない力で伸び縮みするラテックスと合わせて転がり抵抗が軽減。ケーシングの折り返しがないので、太めのタイヤ幅ながら240gという軽量タイヤです。

今回、店長金森がこのタイヤを使ってみました!

やっぱり良いです!SOYOの国産タイヤ!これぞJAPANブランド!
とにかく軽い転がり抵抗や、抜群の真円度からくる振動吸収性やグリップ力は、もう本当に言うことなしです。
長年、競輪を支えてきたSOYO。どこにも縫い目のないシームレス技術は世界でも類を見ない真円度を実現しています。
今回使用したのはシェルトですが、ここ最近はシームレスロードやアップストリーム等SOYOのタイヤを使用してきましたが、やはり海外ブランドにはない優しい乗り心地やしなやかさ、振動吸収性は頭一つ抜けています

_DSC2940

是非一度お試し下さい!

関連記事