天下逸品、誤解のなきよう!

先日もご紹介したとおり、今月8月号のサイクルスポーツの天下逸品にご紹介いただきました。

_DSC9832

_DSC9862

記事で少し気になった部分がありましたので少々補正です。

 

シューズのことを触れている部分で、「安いものを買ってもまた次を買わなきゃいけないとしたら妥協しないほうが良い」との記述。
このままだと高いものを買いなさいという感じになっていますが、実際の取材時にお話させていただいたのは「安いものを買っても足に合わなければまた次を買わなければいけないので、高くても足に合うものを選ぶほうが結果的に安くつきます」とお話させていただいたのですが、ページの都合でしょうか?少々カットされてしまいました(笑)

 

ベックオンでは、シューズのフィッティングに関してはかなり力を入れております。足が合わなければ販売をお断りすることも珍しくありません。そうした事もあり、シューズのフィッティングにかなり遠方からや、国内トップ選手やオリンピック選手までご来店いただいております。

_DSC2279

フレームサイズを測るときは身長や股下を測るのに、シューズを合わせるときにサイズを聞くだけで足を計ったりもしないところもありますが、これでは正確なフィッティングが出来るわけありません
なぜならばBECKONでサイジングさせていただいたお客様の7割が、自分の足のサイズを平均1.5cmは違うサイズで認識されているのですから。
バイクを買うとき適当な身長言って大体でフレームサイズ選んだりしませんよね?
それと同じでシューズも適当なサイズを伝えると違うサイズを選んでしまうことになります。買うからには正確なサイズのものを購入してほしい、これがベックオンのこだわりなのです。

_DSC2213

サイズ選びの基準は足の実測の5mm以内が理想、1cm以内が許容範囲と言われています。

また靴のサイズで思い違いされているのが、表記サイズが25cmのものは靴の長さが25cmではなく25cmの足の人が履けるというサイズだということ。
靴には捨て寸というものが余分にとられているので、表記サイズよりもゆるみがあります。捨て寸のとり方はメーカーによって異なりますが1cmから2cmほどとられていることがほとんどです。
実測25cmの足の長さの人は、足形をしっかり合わせれば25cmの表記のシューズを履いていただくことができます。

また靴下によってもサイズが変わりますので、シューズを選ぶ際には必ず自転車用ソックスを履いてお選び下さい。

_DSC2234

ビンディングシューズは自分とバイクが一体となる唯一のパーツです。妥協せず慎重に選びましょう。
ベックオンではそのためのお手伝いを行いますので、お気軽にスタッフにお問い合わせください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウィルス
  2. 街中で見かけたあのカッコいい自転車はなんだろう…これらの自転車にまたがれば、注目を浴びる事間違いなし…
  3. 1989年にカナダで立ち上がったARGON18。1999年当時発展途上であったカーボンマテリアルにい…
  4. 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、店内で実施する各種講座の開催を中止及び延期することといたしま…
  5. トライアスロン ビギナーズ セミナー “トライデビュー2020”2月24日からスタートしたビ…

お得な情報

ベックオンはココだよ

ベックオンの地図
大阪市中央区本町4-4-24
TEL 06-6120-3939

国内最大級のネット通販サイト 「ワールドサイクル」
ワールドサイクル

のリアルショップとして、2013年10月に大阪市中央区本町にオープンしたスポーツサイクルショップです。
ロードバイクとクロスバイクをメインとし、店内約150坪の巨大フロアに、150台以上のバイクと、10,000点以上の、ウェアー、パーツでお客様一人ひとりにぴったりなバイク、パーツをご提案いたします。女性スタッフも沢山活躍中です。

PAGE TOP
ツールバーへスキップ