ワールドサイクル&ベックオンカップに行ってきました(レース編)

ワールドサイクル&ベックオンカップには、ロードレースが初めてという方も参加しやすい「C6」というクラスが設定されています。
レースに初めて参加される(程度の)方、C5は2~3回出たことがあるが、まだ集団で走るのは怖いと言う方のクラスです。
このクラスのレースが行われるのは稀なので、レースデビューの方に好評いただいています。

そんな皆さんが安全にレースに臨んでいただけるように、ベックオン金森店長がロードレースに初めて出場する選手たちに向けて「初心者講習会」を開催しました。

_DSC1770

自転車歴は30年。日本はもとよりフランスでのロードレース経験もある金森店長とコラッジョ川西のプレイングマネージャーの栂尾代表兼選手と一緒にレクチャーしてくれました。

_DSC1777

初めてレースに出場するみなさんが、安全にレースを完走するために必要なことをお伝えしました。
ブレーキのかけかた、ラインのとりかた、集団の中での目線と位置取りなどなど。
おもしろおかしく真面目なお話に、参加者もたのしんで学ぶことができたようです

 

 

さてさて、なんといってもこのレースで一番盛り上がるのは、JCFへの競技者登録が必須なC1クラス。競輪選手、登録カテゴリーがプロのライダーが参加することができるカテゴリーで見応えもあります。

このレースに、ベックオンでもお馴染みコラッジョ川西所属の下島選手が出走しました。

下島選手のレポートを交えながらお伝えします!!

_DSC1895

スタート地点、スタートの合図を待つコラッジョ川西の下島選手と柳瀬選手

今回は前日の土曜日から会場入りをし、その日に開催された全日本学生選手権クリテリウムレースを観戦。
この学生選手権クリテリウムでは、エース橋本選手が体調不良のため不在で本大会2連覇中の鹿屋体育大学が逃げ集団にメンバーを送り込めず、それとは反対に逃げにエースを入れることに成功した朝日大学の秋田選手が優勝するという結果でした。

_DSC1901

この展開を見て、日曜日の試合では数的不利な状態を打破するためにも柳瀬選手と2人で序盤の逃げに入り、その後の展開で勝負するという作戦でいきました。
しかし、レース開始直後からエース橋本選手が復調した鹿屋体育大学が力強いチームワークでレースをコントロールし、完全な逃げは決まらないままレースは進んでしまいます

_DSC1902

この状況に上手く適応できず、途中のポイント周回を良い位置で戦うことのできない時間が多くなってしまいました
_DSC2009

そんな中、鹿屋体育大学のトレインに入り一度だけポイント周回を3着で通過することに成功しました。
そこからはリズムを掴み始め、結局逃げは決めることができませんでしたが最終ゴールまで走り切ることができました。

_DSC2010

そしてレース後自分でも気づかなかったのですが、最終ゴールスプリントで途中ポイントが同点のC1選手を捲っていて、カテゴリー別で優勝することができていました
暑い中、最後まで声援を送って頂いた皆様本当にありがとうございました。

_DSC2026

そしてゴール!!

次回は全体で優勝できるように日々努力して行きますので、ご声援の程よろしくお願い致します。

 

下島選手、C1クラスでの優勝おめでとうございます!!
優勝したとはいえ不完全燃焼のレースとなってしまったようです。

C1レースはさすが、平均速度も速く観客の皆さんからも「すごーい。自転車ってこんなに速いんだ」と驚きの声が上がっていました。

今後の走りにつながるように、コラッジョ川西の選手の応援をお願いします(^^)/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ピックアップ記事

  1. 11月から始まったベックオンのホイール試乗プログラム、1月はSACRA KYLE5 IGNITE。…
  2. ビンディングペダルが凄く気になり始めている方から、アップグレードで買い替えを検討中の方まで、…
  3. かつて力道山も愛したと言われるイタリアの名門ブランドCINELLI(チネリ)前回の東京オリンピッ…
  4. 1/25トライアスロンセミナー申し込みフォーム1/31トライアスロンセミナー申し込みフォーム…
  5. サイクリスト向けのモーション解析デバイスを開発するLEOMO(リオモ)。Androidを…

お得な情報

ベックオンはココだよ

ベックオンの地図
大阪市中央区本町4-4-24
TEL 06-6120-3939

国内最大級のネット通販サイト 「ワールドサイクル」
ワールドサイクル

のリアルショップとして、2013年10月に大阪市中央区本町にオープンしたスポーツサイクルショップです。
ロードバイクとクロスバイクをメインとし、店内約150坪の巨大フロアに、150台以上のバイクと、10,000点以上の、ウェアー、パーツでお客様一人ひとりにぴったりなバイク、パーツをご提案いたします。女性スタッフも沢山活躍中です。

PAGE TOP