ドイターのバックパック背面システム検証

エアストライプシステムとエアコンフォートフレックスライトシステム(ネットタイプ)涼しいか?

こちらは良く聞かれる質問で、説明するとほとんどの人がなるほどと驚かれます。

その驚かれる内容は、いままで体験談で話していましたが、もっと解りやすく説明するために実験をしてみました。

方法はエアストライプシステム

deuter-airststm

 

エアコンフォートフレックスライトシステム

deuter01-2

をローラ台上で背負い、心拍140前後をキープで5分走行するというもの。
このときに実走行に近づけるために、主に背中に扇風機で風を当てて走行前と走行後の背中の体温を測るというのを、各システムを1日2回ずつ、合計4回を2日間で総合計8回にわたり行いました。

_DSC8183

結果ほとんどの人が涼しいと思っていたネットタイプのエアコンフォートよりもエアストライプの方が良い結果が出たのです。

下記参照

一日目

エアストライプ 走行前 走行後 温度差
1回目 32.6℃ 32.8℃ 0.2℃
2回目 32.3℃ 32.4℃ 0.1℃
エアコンフォート 走行前 走行後 温度差
1回目 32.5℃ 33.5℃ 1℃
2回目 32.0℃ 32.6℃ 0.6℃

 

 

二日目

エアストライプ 走行前 走行後 温度差
1回目 33.0℃ 33.3℃ 0.3℃
2回目 33.3℃ 33.5℃ 0.2℃
エアコンフォート 走行前 走行後 温度差
1回目 32.8℃ 33.3℃ 0.5℃
2回目 33.0℃ 33.3℃ 0.3℃

 

温度を計る専用の機械ではありませんので、100%正確な数値結果ではありませんが、4回ともエアストライプシステムが良い数値が出ているのは偶然とは考えにくいです。

この実験の被験者になったスタッフも、背負った瞬間に風の抜けが違うと感じていたので、そのとおりの結果が出たといえます。

 

この結果の理由としては、涼しいと思われていた システムの背面ネットはランやウォーキング等の背中を地面に対して垂直に立てる使い方では、風が横に抜けてくれるので蒸れにくいのですが、自転車特にロードバイクでは背中を寝かせますので、写真のようにネット部分が隠れてしまい背中の熱気の逃げ場がなくなってしまっています。

20150225_202430

 

一方エアストライプシステムでは、写真のように肩と腰部分が背中から浮かすことができるので、前面から空気が入りやすく後方へ抜けやすいのが涼しさの要因でしょう。

_DSC81830

注意しないといけないのはエアストライプシステムでもⅡ型内蔵フレームのないレースやレースX等は、背中がぴったりと密着してしまうので空気が抜けにくいのでご注意下さい。

_DSC818301

 

バックパック選びに迷ったらベックオンスタッフにご相談ください。

あなたの使い方に合ったぴったりのバックパックをご提案いたしますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ピックアップ記事

  1. 「いつかはTIME」と表現される事もある、TIME。ビンディングペダルを自転車界に導入するべく立…
  2. こんにちは、ベックオンの野村です。2019年はブルベに興味がある方に向けて「ブルベ教室」を開催し…
  3. 世界最高峰の自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」での活躍と共に記憶される名門ブランド「PINA…
  4. 日時:2020年2月23日(日)※雨天の場合は中止10:00~15:00(予定)場所:奥…
  5. 元シマノレーシング小橋勇利さんによるフィッティングを行います!小橋勇利さんは、日本代表強化指定選…

お得な情報

ベックオンはココだよ

ベックオンの地図
大阪市中央区本町4-4-24
TEL 06-6120-3939

国内最大級のネット通販サイト 「ワールドサイクル」
ワールドサイクル

のリアルショップとして、2013年10月に大阪市中央区本町にオープンしたスポーツサイクルショップです。
ロードバイクとクロスバイクをメインとし、店内約150坪の巨大フロアに、150台以上のバイクと、10,000点以上の、ウェアー、パーツでお客様一人ひとりにぴったりなバイク、パーツをご提案いたします。女性スタッフも沢山活躍中です。

PAGE TOP