1. HOME
  2. ブログ
  3. オススメアイテム
  4. willierウィリエールが入荷しています

BLOG

ブログ

オススメアイテム

willierウィリエールが入荷しています

1906年創業のWilier(ウィリエール)。イタリアの競技用自転車メーカーで、正式な名称はウィリエール・トリエスティーナ(Wilier Triestina)といいます。
ベネチア郊外のモンテ・グラッパの麓、ブレンタ川沿いの町バッサーノ・デル・グラッパにある工場で自転車の製造を開始。1945年秋にはウィリエール・トリエスティーナというブランド名に改称しシンボルマークとして、ハルベルト(鉾槍)のマークを採用しました。

willier

1948年にはフィオレンツォ・マーニがジロ・デ・イタリアを制覇したことで名を覇せ、1949年と1950年にはツール・ド・フランスでも大活躍しました。
最盛期には300人の社員を保有し、1日200台の自転車を製造していたといいますが、世界大戦の影響とスクーターの発達により経営が圧迫され、1952年にその生産を終了してしまうのです。
1969年、リノ・ガスタルデッロ(Lino Gastaldello)とその息子がWilierの商標を取得。自転車の製造を再開し現在に至ります。

100年以上の歴史を持つイタリアンブランドで、レースシーンからデイリーまで幅広いラインナップする「wilier」。イタリアらしいデザインと独自の機能を盛り込んだフレームワークが特徴です。

 

 

Izoard XP(イゾアール XP)

_DSC7878

イゾアール XP 名前の由来はフランスのイゾアール峠。
ツール・ド・フランスでもたびたびコースに採用されているイゾアール峠(2645m)の名前を冠したモデルです。カーボン製ロードバイクの初級モデルです。

_DSC7879

ロングライドからレースまでをカバーしてくれます。

_DSC7882

快適性を重視した乗り心地抜群のフレームは初めてロードレーサーを手にする方に最適。
しまなみ海道や美ら島センチュリーランなどのイベントにもおすすめです。
_DSC7888

こちらはマットブラックです。

_DSC7893

 

 

 

Montegrappa(モンテグラッパ)

_DSC8092

モンテグラッパ 由来はバッサーノ・デル・グラッパ近傍の山の名前、ジロ・デ・イタリアでも度々登場する峠の名前から。
Wilier創業の地でもあります。

_DSC8093

ロードバイクの入門用のアルミ製モデルになります。

_DSC8094

2014年度に登場したアルミフレームです。

_DSC8095

耐久性と軽量性と運動性能が高次元でバランスの取れたフレームです。

_DSC8097

ウィリエールレーシングロードコレクションのエントリーモデルとなります。

_DSC8096

完成車はロードモデルとフラットバーモデルがあります。

 

 

Luna(ルナ)

_DSC8086

耐久性と軽量性と運動性能が高次元でバランスの取れたモンテグラッパのレディースペイントエディション。

_DSC8090

XXSサイズまでラインナップされ、小柄な方にもフィット。完成車はロードモデルとフラットバーモデルがあります。

_DSC8088

150cmを切る方でも無理なく乗ることのできるサイズがあるのは希少です。
身長の低い方はこの自転車を是非試してみてください。

 

 

ベックオンでも人気のブランド、ウィリエール。
日本に輸入されるウィリエールは少ないので、なかなか手に入れるのが困難な自転車。

今ならベックオンに在庫がありますので、実物をチェックしてみてください!!

関連記事