人気のブランドRIDLEY(リドレー)

1990年に塗装会社としてスタートし、後にフレーム製作と塗装の2本柱となったRIDLEY。現在はベルギーのプロチーム、ロット・ベリソルに機材供給をし、多くのメジャーレースで選手の活躍を支えています。国技が「自転車競技」というベルギーだけに、自転車の開発においてもハードルが高いことは言うまでもありません。信頼性の高いブランドです。

 

RIDLEY NOAH(リドレー ノア)

_DSC5014

本日ご紹介するのは、リドレーの中でもフラッグシップにあたる、NOAH(ノア)です。
圧倒的な空気抵抗軽減を誇るエアロオールラウンダー
エ優れたエアロダイナミクス効果を持ち、平地では言うまでもなく、山岳もこなせるオールラウンダーなNOAH。他ブランドにない最先端のアイデアと技術によって生み出された、リドレーを代表するモデルです。

_DSC5026

流体力学に焦点をあて、OVAL CONCEPTS社と共同開発したフロントフォークとシートステーのF-splitfork、またフレームに貼られる微粒子状テープのF-surfaceを代表とするテクノロジーで圧倒的な空気抵抗軽減を誇ります。

_DSC5019

NOAHのエアロテクノロジーはスプリント時において2km/h、さらに40km/h走行時では15wattsの優位性を持っています。しかも50.40.30tonのカーボン素材を適材適所に使い分ける事で、走りの軽さと優れた振動吸収性を両立。フルカーボンで仕上げられたヘッドチューブとリアエンドは軽量を実現し、ヘッドパーツは上側1-1/8、下側1-1/2インチの上下異径を採用することでヘッド周りの剛性を上げ、ハンドリングとブレーキ性能を向上させています。更にBBはPressfit30(68×46)を採用し、漕ぎ出しの軽さやパワー伝達効率を向上させています。Di2、EPS共に対応し、幅広いコンポネートの選択が可能です。

_DSC5024

シートチューブとリアホイール間の空気の巻き込みを防ぐためにえぐられたシートチューブ。

エアロフォルムのバイクは縦に硬くなりがちなんですが、湾曲したトップチューブがショック吸収性を向上させています。見た目の印象とは違って、ニュートラルで体のなじみも良い自転車に仕上がっています。発進直後からグーンと加速感があるので、踏んでいて楽しいフレーム。

電動も含めて予算や使用法によりコンポーネントを選ぶことができます。最先端を行くなら内蔵ブレーキだけど、ノーマルのキャリパーブレーキを採用する安心感をとっても良いし、あなたのとっておきの一台に仕上げますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ピックアップ記事

  1. もう説明は不要じゃないかと思うくらいベックオンでは定番となりました【WAKO’S 自転車クリーニ…
  2. トライアスロン ビギナーズ セミナー “トライデビュー2020”2月24日からスタートしたビ…
  3. 輪行を始めると一気に世界が広がります!今まで、スタートが自宅だったのが、輪行を始めると、景色…
  4. ペダルを回すたびにパキパキと嫌な音が...。こんにちは、ベックオンの野村です。「自転車から異音が…

お得な情報

ベックオンはココだよ

ベックオンの地図
大阪市中央区本町4-4-24
TEL 06-6120-3939

国内最大級のネット通販サイト 「ワールドサイクル」
ワールドサイクル

のリアルショップとして、2013年10月に大阪市中央区本町にオープンしたスポーツサイクルショップです。
ロードバイクとクロスバイクをメインとし、店内約150坪の巨大フロアに、150台以上のバイクと、10,000点以上の、ウェアー、パーツでお客様一人ひとりにぴったりなバイク、パーツをご提案いたします。女性スタッフも沢山活躍中です。

PAGE TOP